シンニチ保険WEB

三井住友海上、社員食堂等でのプラスチック製ストロー・カップの使用廃止

三井住友海上は、今般、駿河台ビルの社員食堂等でのプラスチック製のストロー・カップの使用を廃止し、紙ストロー・紙コップの使用に切り替えた。今後、大阪淀屋橋ビルでも実施する予定である。
同社グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と定め、国連が2015年に策定したSDGs(持続可能な開発目標)を道標(みちしるべ)として、企業活動を通じた社会との共通価値の創造に取り組んでいく。
1.取組の概要
駿河台ビル、駿河台新館、東京住友ツインビルディング西館、千葉ニュータウンセンターの社員食堂・喫茶室において、プラスチック製のストロー・カップの使用を廃止し、紙ストロー・紙コップへの使用に切り替えた。今後、コップのふたも紙製に切り替えを予定している。
2.取組開始の背景
昨今、廃プラスチックによる海洋汚染の拡大や漂着ゴミの増加は、世界的にも深刻な環境問題として企業にさまざまな影響を与えている。こうした社会的課題に向き合い、企業としての社会的責任を果たすことが重要であるとの認識に基づき、同取組を開始した。
同社は、同取組を通じて、サステナビリティに対する社員の意識改革を促し、グループ全体でのさらなる発展的な取組へつなげていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、吉沢亮さん、清野菜名さんが共演するラジオCMの放送を開始

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

関連商品