シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、世界アルツハイマーデー(9月21日)に向けた取組みを発表

SOMPOホールディングスは、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現を目指し、認知症への正しい理解を深めるためのさまざまな取組みを展開しており、このたび「認知症サポーター※1となった役職員・代理店従事者数が1万人に到達した。
また、SOMPOホールディングスは、9月21日の世界アルツハイマーデー※2および9月の世界アルツハイマー月間にあわせたイベントを開催するとともに、テレビ・新聞・雑誌・Web等において、SOMPOホールディングス主体の「SOMPO認知症サポートプログラム」を2018年10月から始動する内容の広告を実施する。
※1:2005年から厚生労働省が提唱し開始した制度。認知症について正しい知識と理解を持ち、認知症当事者の方やその家族に対してできる範囲で手助けをし、誰もが暮らしやすい社会をつくっていく役割を期待されている。また、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に「認知症サポーター」の養成の推進が記載されている。
※2:国際アルツハイマー協会と世界保健機関が共同で、9月21日を世界アルツハイマーデーに制定し、9月を世界アルツハイマー月間と定めている。
1.背景
国内のMCI(軽度認知障害)と認知症高齢者は、2012年で約862万人と推計されている。2025年にはその総数が約1,300万人に達するとの予測もあり、要介護者の増加による介護職員の不足等、認知症に関するさまざまな社会的課題が増加していくことが想定されている。
SOMPOホールディングスが展開する「SOMPO認知症サポートプログラム」※3では、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現を目指しており、認知症を正しく理解することにより、誤解・偏見をなくすことが必要となる。そのため、SOMPOホールディングスでは、継続的にグループの役職員および代理店において「認知症サポーター」の養成を行うとともに、認知症への理解を深めるための取組みを実施している。
※3:「SOMPO認知症サポートプログラム」については、7/19付リリース「SOMPO認知症サポートプログラムの展開について」を参照。
【https://www.sompo-hd.com/~/media/hd/files/news/2018/20180719_1.pdf】
2.「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現に向けた具体的な取組み
(1)「認知症サポーター」1万人達成
SOMPOホールディングスは、認知症への正しい理解と対応によるお客さま応対の品質向上を目指し、認知症当事者の方やその家族を支える「認知症サポーター」の養成に取り組んできた。その結果、2018年8月28日時点で「認知症サポーター」が10,952名(グループ内 役職員8,920名、代理店従事者数2,032名)となり、1万人超を達成した。
(2)認知症への理解を深めるための主催イベント
SOMPOホールディングスは、認知症への理解を深めるための以下のイベントを主催する。
①損保ジャパン日本興亜本社ビルのライトアップ<9月21日(金)18:00~23:00>
昨年に引き続き、世界アルツハイマーデー当日に、損保ジャパン日本興亜本社ビル北側を、認知症啓発・支援活動のテーマカラーであるオレンジ色にライトアップする。
②認知症を考えるセミナーの開催<9月24日(月・休)13:30~15:30>
「公益社団法人認知症の人と家族の会」の協力のもと、認知症当事者の方とその家族を対象に、「国立研究開発法人国立長寿医療研究センター」の方を講師に迎え、「共に生きる~認知症を考えるセミナー~」を損保ジャパン日本興亜本社ビルで無料開催する。
【詳細】https://www.sompo-hd.com/~/media/hd/files/company/elderly/seminar2018.pdf
(3)その他の取組み
SOMPOホールディングスは、上記イベントに加え、認知症への理解を深めるための以下のイベントへ協賛・参加する。
①「RUN伴2018」へ協賛・参加
認知症当事者の方とその家族、支援者、一般の方々がリレーをしながら、一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベント「RUN伴2018」へ協賛するとともに、グループ会社の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命およびSOMPOケアの役職員、SOMPOケアの介護サービス利用者の約1,500名がランナーとして参加する。
【参考】http://runtomo.org/
②国立長寿医療研究センター主催「認知症予防市民フォーラム」への協賛
2017年度に包括連携協定を締結した「国立研究開発法人国立長寿医療研究センター」が9月17日(月・祝)に主催する「認知症予防市民フォーラム」へ協賛する。
【参考】http://www.ncgg.go.jp/seminar/20180917.html
③2018年度世界アルツハイマーデー第25回記念イベント「認知症メモリーウォーク・きょうと2018」への協賛・参加
「公益社団法人認知症の人と家族の会」が認知症への理解と病気に対する社会への啓発を目的として9月21日(金)に開催するウォーキングイベント「認知症メモリーウォーク・きょうと2018」へ協賛するとともに、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の職員が本イベントの運営に協力する。
【参考】http://www.alzheimer.or.jp/wp-content/uploads/Memorywalk_chirashi.pdf
3.今後について
SOMPOホールディングスは、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現を目指し、認知症への理解を深めるための啓発・支援活動を今後も推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI損保、メディポリス(鹿児島県)の「がん撲滅応援団」に参加

生保

ジブラルタ生命、全国へき地教育研究連盟加盟校へリユースパソコン182台を寄贈

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を山口県内で実施

損保

SOMPO福祉財団、地域の課題に包括的な支援を行う団体に助成を決定

損保

SOMPO福祉財団、障害者の福祉活動を行う団体に約1,200万円の自動車購入費を助成

生保

明治安田生命、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」への参加

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

SBI損保、安全を願うメッセージを記した反射リストバンドを大分中央警察署へ寄贈

生保

アフラック生命、「デジタルの日」創設を記念した取り組みを実施

損保

三井ダイレクト損保、【三井ダイレクト損保スマイル基金】第7回投票結果を発表

関連商品