新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、第13回「中学校・高等学校教師対象の夏季セミナー」を開催

損保協会では、生命保険文化センターとの共催で、中学校・高等学校の教師を対象とした夏季セミナー「くらしとリスク管理」を東京(8月3日(金)・損保会館)で開催した。
同セミナーは、教育現場で活躍している人に、生活設計と保険に関する知識と理解を深めてもらうために2006年度から開催しており、今回で13回目となる。8月3日(金)の概要は次のとおりである。
≪概要≫
9:50~ 開講
10:00~11:20 基調講演「これからの生活設計教育とリスク管理」
【講師:日本女子大学 家政学部 家政経済学科 天野 晴子教授】
11:25~12:20 生命保険文化センターによる授業プラン・教材紹介
13:00~13:55 日本損害保険協会による授業プラン・教材紹介
14:05~15:30 グループ別情報交換会
同協会が作成している「リスク教育副教材」と「防災教育副教材」について、具体的な授業実践例などの紹介を行った。
また、グループ別情報交換会では、「授業における社会保障制度や保険の取り上げ方」などをキーワードに、先生方がグループ形式での情報交換を行った。
アンケート結果では、「副教材の活用の仕方が分かった」「今日聞いた内容を授業に活用するのが楽しみ」などの声が多数寄せられ、参加者から大変実務的で役に立つセミナーとの評価をもらった。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

関連商品