新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、「未来のオフィス空間」づくりをスタート

東京海上日動、オカムラ、ソフトバンク、ダイキン工業、三井物産、ライオンは、このたび、ダイキン工業が2018年2月に発表した協創プラットフォーム『CRESNECT(クレスネクト)』の第1弾プロジェクトとして、「未来のオフィス空間」づくりを目指した取り組みを共同で企画・実証していくことで合意した。今年度中に、各社が保有する最新テクノロジーやデータ、ノウハウを融合しAI(人工知能)やIoTを駆使することで、生産性や創造性が高まり、快適で健康に働けるオフィスを実際に体感できるワークスペースの開設を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保

東京海上グループ、富士通とお客様のレジリエントなサプライチェーンの構築を目指して協業しサプライチェーンリスク可視化サービスを提供開始

生保

日本生命、マイナポータル情報を活用した新契約加入時の提出書類電子化

損保

東京海上日動、グローバル企業向けリスクマネジメント・デジタルプラットフォーム“TM StationPortal”の提供開始

損保

東京海上ホールディングス、公正取引委員会による東京海上日動への立入検査でコメントを発表

損保

東京海上日動、代理店への情報漏えいで対象提携代理店の範囲が拡大

損保

あいおいニッセイ同和損保、AIを活用した橋梁点検サポートツールの共同開発を開始

生保

明治安田生命、MYほけんアプリに新サービス「健康献立 by 味の素(株)」が登場

損保

東京海上日動、LGBTQ+に関する取り組み評価「PRIDE指標」で2年連続「ゴールド」を受賞

損保

東京海上日動、「HDI格付けベンチマーク」3年連続で最高評価の『三つ星』を獲得~「問合せ窓口」「Webサポート」のダブル受賞~

関連商品