新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、タイ初の走行距離連動型自動車保険「TOYOTA Care PAYD」を販売開始

あいおいニッセイ同和損保のタイ現地法人であるAio iBangkok Insurance Public Company Limited(本社:タイ、以下ABI社)は、2018年3月より、トヨタ・モーター・タイランドがタイにて展開するコネクティッドカーの一部※を対象に走行距離連動型自動車保険「TOYOTACarePAYD」の販売を開始した。タイでは初の走行距離連動型自動車保険となる。※同社が定める走行距離データが取得できる車載器を搭載する車両を指す。
1.開発背景
同社は2004年に国内保険会社として初めての実走行距離連動型テレマティクス自動車保険「PAYD」を発売、2015年には同商品にテレマティクス技術を活用して「安心・安全・お得」なサービスを提供する商品「つながる自動車保険」としてリニューアルし発売した。さらに、2018年1月には国内保険会社として初めて運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」を発売するなど、テレマティクス自動車保険のパイオニアとして取り組みを進めてきた。こうして培ったテレマティクス技術に関するノウハウを最大限活用し、グローバルに展開していくことで、日本のみならず世界においてテレマティクス技術のパイオニアとして「安心・安全な車社会の実現」に貢献していく。今般、その取り組みの一環として、日本からのノウハウ・技術的サポートを受けて、タイにおいてABI社が2016年3月に同国初の走行距離連動型自動車保険として認可を受け、販売に至ったものである。
2.商品概要
走行距離連動型自動車保険(PAYD)は、ABI社が定める走行距離データが取得可能なクルマを保有される個人のお客さまを対象に、走行距離に応じて翌年の継続契約に割引(最大20%まで)を適用する合理的なしくみの自動車保険である。また、事故時に車載端末による車両位置の特定が可能となるため、緊急時のレッカー手配や事故現場急行スタッフの手配等のサービス提供がよりスムーズとなる。
●商品名:TOYOTA Care PAYD
●特長:
・年間の走行距離に応じて13区分に分類し、それぞれの区分に応じた割引を適用:±0~最大20%割引
・無事故割引に加えて走行距離による割引を適用することで、合理的で競争力のある保険料を実現
●サービス:
・T-Connectのテレマティクスシステム活用で盗難車両追跡が可能・最大8年までTOYOTA Careの特典利用
①タイ国内257以上の販売店、BP工場での純正部品による修理
②土日修理着工可能
③24hロードサービス付帯

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドライバーの運転挙動と健康の相関性に関する共同研究を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、通所介護事業を行う子会社の株式会社ふれ愛ドゥライフサービスの全株式を譲渡へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、商品ごとに提供しているアプリを統合した新アプリの提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス技術を活用し高齢ドライバーの交通事故防止策に向けて宮崎県警察と実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】事業者の漏水事故防止対策を後押しする「漏水事故再発防止費用補償特約」の提供を開始

関連商品