新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサダイレクトは2018年6月で設立20周年、記念事業第一弾としてチャリティランを開催

アクサ損害保険株式会社(以下「アクサダイレクト」)は、5月27日、皇居ランニングコースで「アクサダイレクト20周年記念チャリティラン」を開催する。『お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う』という企業理念のもと、長期入院する子どもたちを元気づける犬「ファシリティドッグ」への関心を高め、支援することを目的に行う。
大会参加費と参加者からの寄付金は全額、ファシリティドッグを支援・運営する団体「シャイン・オン!キッズ」へ寄付される。また、同社からも同額を拠出し寄付する。
AXAグループは、すべてのステークホルダーから選ばれ信頼されるパートナーとなるために、全世界でコーポレートレスポンシビリティ(CR = 企業の社会的責任)活動を積極的に行っている。アクサダイレクトでは、今年6月に日本での設立から20周年を迎えるにあたり、これからの20年も地域社会とともに持続的に発展していけるよう、20周年プロジェクトとしてCR活動をこれまで以上に展開していく。その第一弾の企画が、本チャリティランである。
人とペットのより良い暮らしを応援するためにペット保険を提供する企業として、「ファシリティドッグ」との触れあいによって入院中の子どもたちのストレスが軽減している点に着目し、より多くの人にファシリティドッグの存在や支援の重要性を広めていくことを目的として本大会を開催する。ファシリティドッグへの支援を通じ、より多くの子どもたちが治療をがんばれるようサポートしていく。
チャリティラン開催にあたり、代表取締役社長兼CEOのハンス・ブランケンは以下のようにコメントしている。
「この度、ファシリティドッグ支援のためのチャリティランを開催できることを大変光栄に思っています。ファシリティドッグが子どもたちに寄り添う姿は、AXAの企業理念である『お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う』とまさに通じるものがあります。当日は、ペット保険を提供する企業として、当社から多くの社員がランナーやボランティアとして参加します。私自身も、20キロを走ります。皇居周辺の美しい景色や初夏の風を感じながら、多くの方とともに歩き走れることを楽しみにしています」
なお、同大会はブランケンの出身地ベルギーで長年開催されているランニングイベン「20km de Bruxelles」と同日開催となり、東京在住のベルギー人などの外国人を含めて、多様な参加者による大会になると期待している。開会式には、神奈川県立こども医療センターに勤務するファシリティドッグのアニーちゃんも参加予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

損保

損保ジャパン、品川グループ・富山県「立山の自然を守る活動~立山弥陀ヶ原周辺外来植物除去活動~」を実施

損保

大同火災、沖縄県交通遺児育成会へ寄付

生保

生保協会、「セイホスカラーシップ」2024年度奨学生7名を決定

関連商品