シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が全国107万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

損害保険ジャパン日本興亜、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命保険、第一生命保険の4社は、3月29日、みずほ銀行内幸町本部ビル内の講堂で、第54回「黄色いワッペン」贈呈式と交通安全教室を開催した。
贈呈式には、この春小学校へ入学する児童の代表16名と全日本交通安全協会、東京都交通安全協会をはじめ内閣府、警察庁、東京都、警視庁、全国連合小学校長会および主催4社の関係者が出席し、主催者から全日本交通安全協会へ97万枚、東京都交通安全協会へ10万枚の黄色いワッペン贈呈の目録が手渡された。
関係者から、交通事故の怖さや交通ルールを守ることの意味などを聞いた、4月から新小学一年生になる小島 侑馬( こじま ゆうま )さんは、「黄色いワッペンをどうもありがとうございました。学校へ行く時は必ず黄色いワッペンをつけて交通ルールを守ります。大人の人も、車や自転車の運転には気をつけてください。4月から小学校に行くのが楽しみです」とお礼の言葉を述べた。
式の後には、警視庁の協力で、マスコットの〝ピーポくん〟、警察官、騎馬隊の指導による交通安全教室を開催した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontierWorld」を全国展開

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(福岡県)

生保協会・団体

プルデンシャル財団、キッズドアの「ラーニングラボみなと」がオープン

生保

富国生命、「振り込め詐欺(特殊詐欺)」被害防止啓発活動