シンニチ保険WEB

大同火災が那覇市と『大津波時における一時避難施設としての使用に関する協定』を締結

大同火災は、地元沖縄の保険会社として、災害時に人々の生命・安全を守りたいという思いから、那覇市との間において『大津波時における一時避難施としての使用に関する協定(以下、一時避難協定)』を締結した。
一時避難協定は、那覇市内の海抜の低い地域を対象として、海抜の高い建物を所有する企業や団体が、津波襲来時に一時避難できる施設を提供し、低地に居住する市民の生命及び安全の確保に資することを目的としている。
3月13日に那覇市役所市長応接室にて執り行われた締結式では、城間幹子那覇市長より各協定企業の出席者に協定書が手渡された。
なお、「災害時等における緊急輸送に関する協定(以下、輸送協定)」の締結式と同時開催となっており、同社以外は、輸送協定の締結企業となっている。
今回、同社が提供する同社本社ビルの周辺は、海抜の低い地域であるとともに、地域住民及び会社勤めのビジネスマン、また、近年ではアジア地域から多くの観光客が往来が増加している地域である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「『ちばSSKプロジェクト』等に関する協定」を締結

損保

損保ジャパン、三浦市と『地域活性化に関する包括連携協定』を締結

損保

大同火災、集団献血を実施

損保

大同火災、沖縄県内自治体への複合災害対策用品の支援、那覇市に寄贈

損保

大同火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品改定

生保

明治安田生命、大分銀行と「地方創生に関する連携協定」締結

生保損保

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、全国健康保険協会青森支部との健康経営普及促進にかかる協定を締結

損保

大同火災、2020年3月期決算短信を発表

損保

大同火災、役員人事(内定)を発表

損保

損保ジャパン、岐阜県警察と『地域の安全・安心に関する包括連携協定』を締結