シンニチ保険WEB

三井住友海上がAI技術を活用した為替予測モデルを導入

三井住友海上は、3月から、トムソン・ロイター・ジャパン株式会社および国際基督教大学 教養学部アーツ・サイエンス学科 金子 拓也 准教授と連携して、AI技術を活用した為替予測モデルの導入を開始した。
同モデルは、膨大なニュースやSNS等の情報を、独自テキストマイニング(※)と心理スコアリング技術から心理指数に仕立てたトムソン・ロイターの市場心理指数を利用し、金子准教授の協力のもと、同指数と為替市場の関係性を分析することで、直近指数から将来の為替動向を予測する仕組みである。
今後、投資の意思決定支援ツールとして本モデルを活用していく予定である。
同社は、今後も資産運用の高度化・効率化を通じて、収益力向上に努めていくとしている。
(※)大量のテキストデータをコンピュータ等で定量的に解析し、有用な情報を取り出す技術。
■為替予測モデルについて
1.モデルの概要
同モデルは、AI技術を活用して、当社が独自に開発した為替予測モデルである。市場データならびに市場参加者の心理状態を適時適切に把握し、投資の意思決定に役立てることが可能である。
2.モデルの仕組み
AIのテキストマイニング技術により、日々発信される膨大なニュースやSNSを読解し、人が抱く喜びや恐怖心、ストレス等のさまざまな心理を数値化する、トムソン・ロイターの市場心理指数を使用する。この指数から、世の中にあふれるニュース等が金融市場へ与える影響をリアルタイムかつ定量的・効率的に把握し、国際基督教大学 金子准教授の協力のもと、同指数と為替市場の関係性を分析することで、直近指数から将来の為替市場の動向を予測する。
■導入の背景
従来の人による情報分析や市場予測業務は、ニュースの確認から市場予測までに一定の時間を費やしていた。こうした中、同社は、ニュースが金融市場へ与える影響をリアルタイムかつ定量的・効率的に把握すべく、これまでよりも迅速かつ精度の高い市場予測が可能となる、本モデルを開発し、導入することとした。
■今後の展開
同社は、為替市場のほか、債券等、他の金融市場への活用も検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、HDI格付けベンチマークの「問合せ窓口」「Webサポート」で最高評価の「三つ星」を獲得

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック競技大会マラソン女子視覚障がいクラス道下美里選手が金メダルを獲得

損保

三井住友海上、パラリンピック・トライアスロン男子視覚障がいクラスで米岡聡選手とガイドの椿浩平選手が銅メダルを獲得

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保とストライクが中小企業のM&A推進に向けて業務提携

損保

三井住友海上、自動車保険「災害時応援協定に基づく電動車等貸与時のレンタカー費用特約」を開発

損保

三井住友海上、水災時の「被災者生活再建支援サポート」の提供開始

損保

三井住友海上、スマートフォン向け無料アプリ「スマ保 災害時ナビ」に「津波浸水想定区域の表示」、「安否情報グループ登録」、「多言語対応」機能を拡充

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、企業火災保険向け「カーボンニュートラルサポート特約」販売開始

損保

三井住友海上、「消防団員の災害救助活動従事中・自動車保険」の販売開始

損保

三井住友海上、Insurance Asia Awards 2021の2部門で受賞

関連商品