新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上がAI技術を活用した為替予測モデルを導入

三井住友海上は、3月から、トムソン・ロイター・ジャパン株式会社および国際基督教大学 教養学部アーツ・サイエンス学科 金子 拓也 准教授と連携して、AI技術を活用した為替予測モデルの導入を開始した。
同モデルは、膨大なニュースやSNS等の情報を、独自テキストマイニング(※)と心理スコアリング技術から心理指数に仕立てたトムソン・ロイターの市場心理指数を利用し、金子准教授の協力のもと、同指数と為替市場の関係性を分析することで、直近指数から将来の為替動向を予測する仕組みである。
今後、投資の意思決定支援ツールとして本モデルを活用していく予定である。
同社は、今後も資産運用の高度化・効率化を通じて、収益力向上に努めていくとしている。
(※)大量のテキストデータをコンピュータ等で定量的に解析し、有用な情報を取り出す技術。
■為替予測モデルについて
1.モデルの概要
同モデルは、AI技術を活用して、当社が独自に開発した為替予測モデルである。市場データならびに市場参加者の心理状態を適時適切に把握し、投資の意思決定に役立てることが可能である。
2.モデルの仕組み
AIのテキストマイニング技術により、日々発信される膨大なニュースやSNSを読解し、人が抱く喜びや恐怖心、ストレス等のさまざまな心理を数値化する、トムソン・ロイターの市場心理指数を使用する。この指数から、世の中にあふれるニュース等が金融市場へ与える影響をリアルタイムかつ定量的・効率的に把握し、国際基督教大学 金子准教授の協力のもと、同指数と為替市場の関係性を分析することで、直近指数から将来の為替市場の動向を予測する。
■導入の背景
従来の人による情報分析や市場予測業務は、ニュースの確認から市場予測までに一定の時間を費やしていた。こうした中、同社は、ニュースが金融市場へ与える影響をリアルタイムかつ定量的・効率的に把握すべく、これまでよりも迅速かつ精度の高い市場予測が可能となる、本モデルを開発し、導入することとした。
■今後の展開
同社は、為替市場のほか、債券等、他の金融市場への活用も検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、体験型防災学習コンテンツ「親子で防災&保険ワークショップ」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、個人向け火災保険で「建物省エネ化費用特約」を販売開始

損保

三井住友海上、「第108回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、IoTスマートごみ箱で観光地のごみ散乱抑止と再資源化を推進

損保

三井住友海上、宇宙関連スタートアップ企業等の支援における協業に関する基本合意締結

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、人的資本経営に取り組む企業向けに保険料割引制度を導入

損保

三井住友海上、「雹(ひょう)災緊急アラート」を提供開始

損保

三井住友海上、欧州大陸事業を再編

関連商品