新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が真庭市と『地方創生に係る包括連携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は、地方創生の実現を図るため、真庭市と『地方創生に係る包括連携協定』を3月19日に締結した。
なお、損保ジャパン日本興亜と岡山県内の自治体との協定は4例目となる。
■協定の目的・背景
真庭市は「真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略」実現のため各種取組みを推進している。一方、損保ジャパン日本興亜は、「市民・行政、NPOなどの地域の課題解決に向けた協働を通じ、持続可能な社会づくりに貢献すること」を社会貢献の重点課題の1つとしている。 このたび、損保ジャパン日本興亜が真庭市に対し、それぞれ保有する知的・人的資源を有効に活用し、相互の連携及び協力を強化することにより「真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の遂行および地域の発展に寄与する旨の提案を行い、協定に至った。
■協定の主な内容
(1)戦略的な産業振興に関すること
(2)観光誘客の促進に関すること
(3)防災力の向上に関すること
(4)地域の介護に関すること
(5)安全・安心なまちづくりに関すること
(6)その他両者が協議し合意した事項

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、北海道森町およびENEOSと「森林を活用した脱炭素社会の実現」に関する連携協定を締結

生保

第一生命、山梨県と包括連携協定を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、サイバー事案に係る被害の未然防止や拡大防止等に向け、警察庁サイバー警察局と連携協定を締結

生保

朝日生命、「あんしん介護シリーズ」の累計販売件数が100万件を突破

生保

明治安田生命、函館市、函館市医師会健診検査センター、株式会社キャンサースキャンとの4者によるがん検診の新たな受診勧奨の試行実施

生保

住友生命、神奈川県伊勢原市においてVitalityを活用した連携事業を開始

損保

SOMPOホールディングス、介護テクノロジー開発企業向けCareTechシンポジウム『介護テクノロジーの創りかた・使われかた』開催

生保

アフラック生命、和歌山県とのがん対策・介護・健康増進に関する包括連携協定を締結

生保

住友生命、群馬県渋川市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、北海道札幌市、岐阜県可児市でVitalityを活用した連携事業を開始

関連商品