新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動が企業型確定拠出年金の受託社数3,000社を突破

東京海上日動は、企業型確定拠出年金の受託社数が2018年2月末累計で 3,000 社を突破した。
■企業型確定拠出年金の取組みについての取組みについて
運用環境の低迷、厚生年金基金の解散など、退職金・企業年金を取り巻く環境は大きく変化している。同社は、確定拠出年金制度がスタートすると同時に、運営管理機関として2001年10 月から企業型確定拠出年金の運営管理業務の受託を行っており、地域金融機関および同社代理店との連携を通じて、企業が抱えている課題の解決に向けた最適なプランの提案や、退職金制度改定に向けた各種支援を行ってきた。
特に、中堅・中小事業者様向けに同社が開発した「総合型プラン」を提供することで、企業型確定拠出年金の普及に努め、このたび受託社数(現存ベース)が 受託社数(現存ベース)が3,000社を突破した。(2018 年 2 月末累計)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

損保

東京海上日動、【国内初】緊急時に代行輸送手配サービスを提供する運送保険の提供開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

東京海上日動、GIGAスクール端末の適切な使用に向けたユーザー調査結果を公表

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

損保

東京海上日動、業務改善計画書を提出

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

関連商品