新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニー損保が「あの時売れていた車は?」人気輸入車・外車登録台数ランキングを公開

ソニー損保は、2003年から2017年までの人気輸入車・外車(※1)の登録台数のランキングを数字・グラフやイラストで紹介するインフォグラフィック「人気輸入車・外車登録台数ランキング」を3月5日、公開しました。
■「人気輸入車・外車登録台数ランキング」でできること
このインフォグラフィックでは、2003年から2017年までの15年間の輸入車・外車の登録台数推移のランキングを、その年の主な出来事とともに振り返ることができる。また、複数の車種から2車種をピックアップして、登録台数推移・登録台数ランキングの推移・登録シェアを比較することができる。
■「人気輸入車・外車登録台数ランキング」から分かること
(1)輸入車・外車はディーゼル車も選ばれる
欧州では、クリーンディーゼル車が環境にやさしい車として広く受け入れられ、欧州の各自動車メーカーもディーゼル車を積極的に販売してきた。2017年は「ミニ」(BMW)をはじめトップ20のうち10車種がディーゼル車も選べる車種で、同年の輸入車・外車の全登録台数の約2割がディーゼル車となっており、日本でもディーゼル車が受け入れられていることがうかがえる。
(2)国内では圏外のクーペタイプが上位に
過去10年の「日本の乗用車販売台数ランキング」では、クーペタイプはトップ30圏外となっている一方で、輸入車・外車ランキングでは多くの年で「BMW」4シリーズ/Z4、「アウディ」A5シリーズ/TT、「メルセデス・ベンツ」CLA/CLSなどのクーペタイプがランクインしている。
洗練されたスタイリングやボディの剛性が魅力のクーペタイプ。輸入車・外車を購入者の中には、実用性よりも「純粋に車で走る楽しさ」を求めることも多いことがうかがえる。
(3)SUVの人気が上昇
2003年のトップ20では1車種もランクインしていなかったSUVだが、2010年から徐々にランクインするようになり、2017年では「BMWミニ」ミニ(クロスオーバー)、「BMW」X1、「ボルボ」60シリーズ、「メルセデス・ベンツ」GLC/GLAと5車種がランクインした。
■「人気輸入車・外車登録台数ランキング」の制作コンセプト
これまでもソニー損保は、「人気乗用車販売台数ランキング」(2015年6月30日公開)、「人気軽自動車販売台数ランキング」(2016年3月7日公開)といったインフォグラフィックを提供してきたが、輸入車・外車のランキングもニーズがあると考え、「人気輸入車・外車登録台数ランキング」の制作をスタートした。
日本において輸入車・外車は根強い人気があり、ソニー損保が毎年行っているリサーチレポート「新成人のカーライフ意識調査」においても、「BMW」「フォルクスワーゲン」「ベンツ」などの輸入車・外車が人気の車ランキングでトップ10入りするなど、若者からも高い支持を得ていることが分かっている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

ソニー損保、「お客さま本位の業務運営方針」に基づく2023年度の取組状況を公表

損保

ソニー損保、新ネット火災保険、「丁目単位」の水災リスク細分による合理的な保険料実現と、契約手続時の建物登記情報入力の自動化による利便性向上の取組みを実施

損保

アニコム損保、ソニー損保、ペット保険商品の共同開発に向け業務提携契約を締結

損保

ソニー損保、2024年3月期決算を発表

生保損保

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

損保

東京海上日動、GIGAスクール端末の適切な使用に向けたユーザー調査結果を公表

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

損保

ソニー損保、苦情対応マネジメントシステムの国際規格「ISO10002」適合宣言後の態勢を公表

損保

ソニー損保、2024年3月期第3四半期決算概要を発表

損保

ソニー損保、J.D. パワー自動車保険の「事故対応満足度」3年連続9度目の第1位受賞 、「契約者満足度」(ダイレクト系部門)7年連続第1位受賞

関連商品