新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本郵便およびゆうちょ銀行、三井住友海上が連携し一部郵便局でiDeCo の対面相談受付サービスの開始

日本郵便は、全国約 20,000 局の郵便局(簡易郵便局を除く)において、ゆうちょ銀行の iDeCo「ゆうちょ A プラン」について紹介(iDeCoの概要説明や、資料請求方法等のご案内)を実施しているが、5月14日から、ゆうちょ銀行及びゆうちょ銀行運営管理業務の一部委託先である三井住友海上と連携し、新たに一部郵便局(7 局)において、iDeCo「ゆうちょ A プラン」のスターターキットを用いた加入手続のご説明などを行う、「対面相談受付サービス」を試行で開始する。
なお、同サービスの実施に当たり、日本郵便は厚生労働省に確定拠出年金の運営管理機関登録申請を行っており、1月に登録が完了している。今後、国民年金基金連合会に対し、ゆうちょ銀行の iDeCo「ゆうちょ A プラン」受付金融機関として登録手続を行う予定。1本サービスの目的日本郵便とゆうちょ銀行は、全国津々浦々の郵便局ネットワーク等を通じて、地域のお客さまに金融商品等を対面(フェイス・トゥ・フェイス)を中心に提供し、お客さまの生活に寄り添い、地域社会の発展に貢献してきました。
今後、お客さまニーズの多様化などの環境変化が進む中、お客さま本位の良質なサービス・満足度の更なる向上及び地域社会に一層寄与していくことを目的に、本サービスを実施する。
また、日本郵便、ゆうちょ銀行、三井住友海上の3社で連携し、法人・官公庁等のお客さまからの iDeCoに関するご相談(加入手続きや、従業員・職員さま向けのセミナー等)についても、対応できる体制を構築していく。
■サービスの内容
(1)郵便局での iDeCo 対面サービス(スターターキットの手交、パンフレット等を用いた説明等)
(2)法人・官公庁等において iDeCo に関するセミナー、相談会の開催支援等
■試行展開を行う郵便局(7 局)
・岩手県:盛岡北郵便局
・千葉県:千葉中央郵便局
・東京都:武蔵府中郵便局
・東京都:大崎郵便局
・東京都:日本橋郵便局
・東京都:板橋郵便局
・三重県:桑名郵便局

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本郵政グループとアフラック、「資本関係に基づく戦略提携」における持分法適用と提携関係が発展

損保

三井住友海上、「2024グランドスラム・アスタナ」で舟久保遥香選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第108回日本陸上競技選手権大会・10000m」 兼友 良夏選手が3位入賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

損保

三井住友海上、地域住民の降雹被害軽減に向け群馬県で実証を開始

損保

三井住友海上、都市型水害の被害軽減に向けて「内水氾濫予測システム」を構築

損保

三井住友海上、「かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン2024」で道下美里選手が優勝

損保

三井住友海上、三井住友海上文化財団による2024年度「コンサート開催地」および「助成先」決定

損保

三井住友海上、大地震発生時に自治体向けサービスの無償提供を開始

関連商品