シンニチ保険WEB

ソニー損保が2017年度第3四半期業績の状況を発表

ソニー損保は、2017年度第3四半期業績の状況を次のとおり発表した。
■正味収入保険料、経常収益、保有契約件数
主力商品である自動車保険で保有契約件数が伸びた結果、正味収入保険料は前年同期より9.1%増の81,016百万円、経常収益は前年同期より8.5%増の82,422百万円となった。
保有契約件数は、自動車保険と医療保険を合わせ、平成29年12月末で206万件。
■経常利益、四半期純利益
経常利益は、自動車保険の損害率が低下する一方で、広告宣伝費などの事業費が増加したことなどにより、前年同期から横ばい(0.9%増)の5,039百万円となった。四半期純利益は、前年同期より0.9%増の3,659百万円となった。
■コンバインド・レシオ
正味損害率は、自動車保険の事故率の低下および正味収入保険料の増加などにより、前年同期から2.8ポイント低下し54.4%となった。正味事業費率は、広告宣伝費などの事業費が増加したことにより、前年同期から0.8ポイント上昇の27.1%となった。その結果、正味損害率と正味事業費率を合わせたコンバインド・レシオは、前年同期から2.0ポイント低下し、81.5%となった。
■単体ソルベンシー・マージン比率
単体ソルベンシー・マージン比率は、平成29年12月末現在で平成29年3月末より79.1ポイント上昇し、809.9%となった。保険金の支払能力に問題がないとされる基準である200%を大きく上回る、十分な支払余力を保持している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

ソニー損保、「24時間365日事故対応サービス」の提供開始

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

イオン・アリアンツ生命、2021年度決算(案)を発表

生保

ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈を希望する幼稚園・保育園・こども園を募集

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

大同生命、「婦人科・小児科オンライン相談窓口」を設置

生保

メディケア生命、女性特有の病気の患者5,231名の声

損保

ソニー損保、苦情対応マネジメントシステムの国際規格「ISO10002」 適合宣言後の態勢を発表

損保

ソニー損保、「はじめてのマイカーに関する調査2022」を実施

関連商品