シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が北海道との『包括連携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は、道民サービスの向上や地域活性化に関する取り組みを相互協力のもとに推進するため、2018年2月9日、北海道と『包括連携協定』を締結した。
■背景・経緯
・損保ジャパン日本興亜は、これまで大切にしてきた、道民・行政・NPO/NGOなど、さまざまなステークホルダーの皆さまとの協働を通じ、「よりよいコミュニティ・社会をつくること」をCSR(企業の社会的責任)の重点課題のひとつとしている。
・損保ジャパン日本興亜は、北海道内トップシェアの損害保険会社として、地域と産業の安定的繁栄を支援するノウハウを活かし、道民の皆さまへのさらなるサービスの向上と地域の活性化に貢献するため、このたび北海道との包括的な連携協定に至った。
・なお、北海道が損害保険会社と包括的な連携協定を締結するのは、今回が初めてとなりる。
■協定の目的
北海道と損保ジャパン日本興亜は、相互に緊密な連携を図ることにより、北海道内における「活力と潤いのある地域づくり」を推進し、地域のより一層の活性化および道民サービスの向上を図る。
■協定の主な内容
損保ジャパン日本興亜の強みや特徴が活かせる以下の7分野において連携を行う。
(1) 防災・減災、災害時の支援に関する事項
(2) 観光・交流、インバウンドの推進に関する事項
(3) 女性活躍推進に関する事項
(4) 交通安全に関する事項
(5) 海外進出企業の支援に関する事項
(6) 芸術・文化の振興に関する事項
(7) その他双方が必要と認める事項

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本郵便およびゆうちょ銀行、三井住友海上が連携し、投資信託取扱郵便局でiDeCoの対面相談受付サービスの開始

損保

損保ジャパン日本興亜、極低照度型光発電素子製造・開発ベンチャーinQsとの業務連携

損保

損保ジャパン日本興亜、インシュアテックソリューション「Level IV Discovery」の共同開発に向けた業務提携

損保

SOMPOホールディングス、組織変更・人事異動を発表

損保

損保ジャパン日本興亜、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」に関する実証実験を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、ロシアにおける戦略的提携契約を締結

生保

第一生命、宮崎県と包括連携協定を締結

生保

メットライフ生命、DeNAと業務提携をすることに合意

損保

損保ジャパン日本興亜、「市民のためのSDGsフェス」を開催