新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が北海道との『包括連携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は、道民サービスの向上や地域活性化に関する取り組みを相互協力のもとに推進するため、2018年2月9日、北海道と『包括連携協定』を締結した。
■背景・経緯
・損保ジャパン日本興亜は、これまで大切にしてきた、道民・行政・NPO/NGOなど、さまざまなステークホルダーの皆さまとの協働を通じ、「よりよいコミュニティ・社会をつくること」をCSR(企業の社会的責任)の重点課題のひとつとしている。
・損保ジャパン日本興亜は、北海道内トップシェアの損害保険会社として、地域と産業の安定的繁栄を支援するノウハウを活かし、道民の皆さまへのさらなるサービスの向上と地域の活性化に貢献するため、このたび北海道との包括的な連携協定に至った。
・なお、北海道が損害保険会社と包括的な連携協定を締結するのは、今回が初めてとなりる。
■協定の目的
北海道と損保ジャパン日本興亜は、相互に緊密な連携を図ることにより、北海道内における「活力と潤いのある地域づくり」を推進し、地域のより一層の活性化および道民サービスの向上を図る。
■協定の主な内容
損保ジャパン日本興亜の強みや特徴が活かせる以下の7分野において連携を行う。
(1) 防災・減災、災害時の支援に関する事項
(2) 観光・交流、インバウンドの推進に関する事項
(3) 女性活躍推進に関する事項
(4) 交通安全に関する事項
(5) 海外進出企業の支援に関する事項
(6) 芸術・文化の振興に関する事項
(7) その他双方が必要と認める事項

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

住友生命、千葉県旭市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

明治安田、日本健康麻将協会との「健康マージャン大会・教室に関する包括パートナーシップ協定」を締結

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

損保

MS&ADホールディングス、「ネイチャーポジティブ発展社会実現拠点」プロジェクトに参画

損保

イーデザイン損保、株式会社ラングレス、愛犬のカーライフとトータルケアに関する多面的な取り組みに向けた基本合意書を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市で自動運転バスの通年運行を開始

関連商品