新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が青森県と『包括連携協定』を締結

損害保険ジャパン日本興亜は、青森県が掲げる「まち・ひと・しごと創生青森県総合戦略」における取組みに貢献するため、青森県と『包括連携協定』を2月5日に締結した。
■背景・経緯
・青森県は、「まち・ひと・しごと創生青森県総合戦略」として、「強みをとことん、魅力あふれるしごとづくり」、「人財きらめく、住んでよしの青森県」、「地域でかなえる、子ども・未来の希望」、「課題をチャンスに、めざせ健康長寿県」を推進し、世界が認める「青森ブランド」の確立を目指している。
・損保ジャパン日本興亜は、青森県内トップシェアの損害保険会社として、地域と産業の安定的な繁栄を支援するノウハウを活かし、青森県の県民サービスの向上と地域の一層の活性化に貢献するため、青森県に包括的な連携について提案し、このたび協定に至った。
■協定の目的
青森県と損保ジャパン日本興亜は、互いに密接に連携・協力し、双方の資源を有効に活用した協働を推進することにより、人口減少の克服に向け青森県の県民サービスの向上及び地域の一層の活性化を図ることを目的とする。
■協定の主な内容
損保ジャパン日本興亜の強みや特徴が活かせる、以下の10分野において業務連携を行う。
(1) 健康増進に関すること
(2) 観光の振興に関すること
(3) 地域経済の活性化に関すること
(4) 移住・定住・空き家活用の支援に関すること
(5) 地域の防災に関すること
(6) 地域の安全・安心に関すること
(7) 結婚・子育て、男女共同参画社会の推進に関すること
(8) 環境保全に関すること
(9) 縄文ムーブメントの推進に関すること
(10) その他県民サービスの向上・地域社会の活性化に関すること

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

住友生命、千葉県旭市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

明治安田、日本健康麻将協会との「健康マージャン大会・教室に関する包括パートナーシップ協定」を締結

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

損保

MS&ADホールディングス、「ネイチャーポジティブ発展社会実現拠点」プロジェクトに参画

損保

イーデザイン損保、株式会社ラングレス、愛犬のカーライフとトータルケアに関する多面的な取り組みに向けた基本合意書を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市で自動運転バスの通年運行を開始

関連商品