シンニチ保険WEB

AIG損害保険が業務を開始

AIG損保がAIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社の合併により2018年1月1日で誕生し、4日より通常業務を開始した。
同社は、営業初日となる4日の始業前に、新会社誕生を祝うオープニング・セレモニーを開催した。
同セレモニーで、同社の代表取締役社長兼CEOケネス・ライリーは以下のようにコメントした。
「個人、中小企業、そしてグローバルに展開する多国籍企業に向けた保険やリスクコンサルティングを提供するリーディングカンパニーとして、AIG損保は、日本市場に深く根付いた二社それぞれの強みを融合してまいります。また、グループ統一の事業戦略コンセプトである『ACTIVE CARE』に基づき、リスクに対するお客さまの認識の事前整理、回避・軽減をサポートすることによって、私たちの価値を高め、革新的な企業として差別化を図ってまいります」
また同セレモニーで、同社の取締役でAIGジャパン・ホールディングス代表取締役社長兼CEOのロバート・ノディンは以下のようにコメントした。
「待ち望んだAIG損保の船出の日がやってきました。私たちはこれから、あらゆる面での顧客経験を高めるような革新的な取り組みを通して、日本の保険の新たなあり方を提唱してまいります。加えて、合併までの道のりにおいては、保険代理店の皆さま、タタコンサルタンシーサービシズ、アクセンチュア、デロイト トーマツ コンサルティング、日立製作所をはじめとするビジネスパートナーの皆さま、そして日本におけるAIGグループ社員の皆さんに多大なる支援をいただきました。今後は、これらの力を生かし、AIG損保として新たな歴史を作ってまいります」

関連記事(保険業界ニュース)

なないろ生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」を策定

生保

T&Dホールディングス、T&D保険グループ「サステナビリティレポート2021」の発行

損保

アクサ損保、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を改定

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ活動の状況について」公表

生保

明治安田生命、「CDP」および「Climate Action 100+」へ署名

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

住友生命、日本の生保会社で初めて国際イニシアティブPCAFに加盟

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況

生保

FWD富士生命、FWD生命へ社名変更

生保

アクサ生命、「ライフマネジメント(R)~人生を経営する~」の理念に基づいた取り組みを強化

関連商品