新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜がAirbnb と包括連携協定を締結

損保ジャパン日本興亜は、Airbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下「Airbnb」)と、地域社会に根ざした住宅宿泊事業の普及・拡大等に関する包括連携協定を締結した。日本において Airbnb が保険会社と包括連携協定を締結するのは、今回が初めて。
1.背景と目的
・Airbnb は、2008 年に創業し、世界 191 カ国 6 万 5,000 以上の都市に宿泊でき、様々な地域
コミュニティとの触れ合いや、旅行先で現地の文化とつながるユニークな旅行体験を提供し「暮らすように旅をする世界」の実現を目指している。
・同社は、損害保険事業を中心に、デジタル技術の活用やSOMPOホールディングスグループのグループ会社間連携によるトータルサポートにより、地域や社会の抱える課題に適切に対応し、「安心・安全・健康」な社会の実現を目指している。
・今回の包括連携協定は、 A i r b n b の持つ新しい宿泊スタイルや旅行に関する知見と、同社とグループ会社により提供されているサービスを融合させ、地域社会に根ざした安心で安全な住宅宿泊事業の普及・拡大、さらなる品質の向上に資する商品やサービスの開発・提供を行うことで、国や地域が抱える課題に対応し社会の持続的発展に寄与することを目的としている。

2.主な取組内容
同社とAirbnb は、今後、日本国内において、以下の取組みについて連携し協力する予定である。
(1) 住宅宿泊事業サービスの質の向上に資するホスト業務支援サービスの検討・開発
(2) 住宅宿泊事業サービスに関するリスク分析・新商品の検討
(3) Airbnb コミュニティ発展に資するサービス・枠組みの検討
(4) 古民家再生支援、リノベーションに関する連携の検討
(5) 地方創生に関する取組みの支援
(6) その他両社が協議して必要と認める研究

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

住友生命、千葉県旭市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

明治安田、日本健康麻将協会との「健康マージャン大会・教室に関する包括パートナーシップ協定」を締結

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

損保

MS&ADホールディングス、「ネイチャーポジティブ発展社会実現拠点」プロジェクトに参画

損保

イーデザイン損保、株式会社ラングレス、愛犬のカーライフとトータルケアに関する多面的な取り組みに向けた基本合意書を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市で自動運転バスの通年運行を開始

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

関連商品