シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保が募金型自販機を全拠点に導入し交通遺児育英会へ寄付を開始

公益財団法人交通遺児育英会および三井ダイレクト損保は、9月1日から一部の拠点に募金型自販機を導入し売上金の一部を交通遺児育英会へ寄付する取り組みを実施していたが、12月1日に全国の全拠点で設置が完了した。
役職員がより気軽に参画できる取り組みとして、日頃利用している自動販売機の一部に「募金型自販機」を導入し、売上金の一部を交通遺児育英会へ寄付することにした。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

生協連、福島の子ども保養プロジェクト「夏休み特別企画」を全国12カ所で開催

生保その他

日本郵政グループ4社、平成30年7月豪雨に対し3000万円の義援金

損保生損

東京海上ホールディングス、「平成30年7月豪雨」被害に対し義援金

損保生損

SOMPOホールディングス、「平成30年7月豪雨」による被災地への支援を発表

生保

メットライフ生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

マニュライフ生命、「マニュライフわくわくるーむ」16ヵ所目の寄贈先候補を募集

生保損保

カーディフ生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

ジブラルタ生命、全国へき地教育研究連盟加盟校へリユースパソコン184台を寄贈

生保

住友生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

ソニー生命、「平成30年7月豪雨」の被災者に対する 契約者貸付・入院給付金に関する特別取扱および義援金の寄贈を発表