新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、サイバーセキュリティ事業への新規参入、「SOMPO Digital Lab」をイスラエルに新設

SOMPOホールディングスは、グループ経営理念に掲げた「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスの提供を通じた社会への貢献」を実現するため、2018年1月からサイバーセキュリティ事業に参入する。
これに伴い、SOMPOホールディングス傘下でリスクマネジメント事業等を展開する
SOMPOリスケアマネジメントに新たに「サイバーセキュリティ事業本部」を立ち上げ、さらにグループにおけるデジタル技術活用を加速させるため「SOMPO Digital Lab」をイスラエルに新設した。
▽サイバーセキュリティ事業参入の背景・目的
自動車の自動運転技術やIoTの普及をはじめとする社会環境や技術環境の変化、高度化・巧妙化するサイバー攻撃の深刻化などにより、今やサイバーリスクは企業経営における重大リスクとして位置付けられている。
しかしながら、企業において自社のサイバーリスクを十分かつ正確に把握できていないことによりセキュリティ対策が十分に講じられていないケースが多く、適切なセキュリティ対策を講じることが喫緊の課題となっている。
こうした背景をふまえ、SOMPOホールディングスは、これまでサイバー保険の引受等を通じて収集した、企業が抱えるサイバーリスクに関する課題に対して、保険会社として初めてフルラインナップでカスタマイズしたソリューションを提供するために、新規に事業参入することを決定した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

損保

SOMPOホールディングス、RIZAPグループと資本業務提携契約を締結

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

関連商品