シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が金沢市との『自転車の安全な利用の促進等に係る事業連携協定』を締結

損害保険ジャパン日本興亜は、金沢市内の自転車事故抑止に向けて相互に密接な連携を図るため、金沢市と「自転車の安全な利用の促進等に係る事業連携協定」を11月24日に締結した。
金沢市では、2014年4月1日に「金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例」が制定され、安全で良好な生活環境の確保を図ってきた。その後、金沢市内での交通事故発生件数は減少しているものの、2016年では自転車事故件数及び自転車対歩行者の事故件数が増加に転じたことや、全国的に自転車事故による高額賠償事例の発生が相次いでいること、北陸新幹線金沢開業に伴い来街者が増加していることで自転車の交通事故リスクが拡大している。
そこで、金沢市は同条例を2018年4月に改正し、自転車の利用者に対し自転車損害賠償保険等の加入を義務付けることとなった。
同社では、近年、自転車の安全利用への関心の高まりを受け、そのセーフティネットとなる自転車保険制度の立ち上げ等、様々な取組みを進めている。このような取組みを行うなかで、住民の交通安全や自転車の安全利用における事項について、さらなる連携と協働を行うべく、このたび協定に至ったもの。
なお、金沢市が自転車の安全利用に関して民間と連携協定を締結するのは、今回が初めてとなる。
■協定の目的
金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例の周知徹底をはじめ、自転車の安全な利用の促進を図るため、緊密な相互連携と協働による活動を推進し協力することを目的としている。
■協定の主な内容
・条例改正の周知および保険の種類等の情報提供
・保険に関する相談窓口の設置
・交通安全推進に関する取り組み
・金沢市への保険加入等の情報提供への協力

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

生保

かんぽ生命、東京都とラジオ体操普及啓発事業に係る協定を締結

生保

アクサ生命、福井県と健康づくりの推進に関する相互協力協定を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、全国の消防組織にて大規模災害時の被災状況把握に【民間初】

損保

損保ジャパン、南箕輪村と「地域防災力向上等に関する包括連携協定」を締結

損保

大同火災、オキナワ・スタートアップ・プログラムで採択されたDayz社と包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、矢巾町とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における応急対策支援に関する協定』を締結

関連商品