新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が金沢市との『自転車の安全な利用の促進等に係る事業連携協定』を締結

損害保険ジャパン日本興亜は、金沢市内の自転車事故抑止に向けて相互に密接な連携を図るため、金沢市と「自転車の安全な利用の促進等に係る事業連携協定」を11月24日に締結した。
金沢市では、2014年4月1日に「金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例」が制定され、安全で良好な生活環境の確保を図ってきた。その後、金沢市内での交通事故発生件数は減少しているものの、2016年では自転車事故件数及び自転車対歩行者の事故件数が増加に転じたことや、全国的に自転車事故による高額賠償事例の発生が相次いでいること、北陸新幹線金沢開業に伴い来街者が増加していることで自転車の交通事故リスクが拡大している。
そこで、金沢市は同条例を2018年4月に改正し、自転車の利用者に対し自転車損害賠償保険等の加入を義務付けることとなった。
同社では、近年、自転車の安全利用への関心の高まりを受け、そのセーフティネットとなる自転車保険制度の立ち上げ等、様々な取組みを進めている。このような取組みを行うなかで、住民の交通安全や自転車の安全利用における事項について、さらなる連携と協働を行うべく、このたび協定に至ったもの。
なお、金沢市が自転車の安全利用に関して民間と連携協定を締結するのは、今回が初めてとなる。
■協定の目的
金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例の周知徹底をはじめ、自転車の安全な利用の促進を図るため、緊密な相互連携と協働による活動を推進し協力することを目的としている。
■協定の主な内容
・条例改正の周知および保険の種類等の情報提供
・保険に関する相談窓口の設置
・交通安全推進に関する取り組み
・金沢市への保険加入等の情報提供への協力

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

住友生命、千葉県旭市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

明治安田、日本健康麻将協会との「健康マージャン大会・教室に関する包括パートナーシップ協定」を締結

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

損保

MS&ADホールディングス、「ネイチャーポジティブ発展社会実現拠点」プロジェクトに参画

損保

イーデザイン損保、株式会社ラングレス、愛犬のカーライフとトータルケアに関する多面的な取り組みに向けた基本合意書を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市で自動運転バスの通年運行を開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

関連商品