新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、国内初の運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発

あいおいニッセイ同和損保は、トヨタが展開するコネクティッドカー(あいおいニッセイ同和損保が定める走行データが取得できるナビを搭載しかつインターネットへの接続機能を有する車両)を対象に、テレマティクス技術で取得した走行データに基づき、毎月の安全運転の度合いを保険料に反映する日本国内初となる自動車保険『タフ・つながるクルマの保険』を開発した。販売開始時期は2018年1月(保険責任開始日は2018年4月)を予定。
■新商品・サービスの概要
1.「運転特性による割引」の新設
(1)新たに開発する「運転特性による割引」は、トヨタのコネクティッドカーから取得する走行データに基づき、毎月の走行距離と運転特性(速度超過・急加速・急減速)に応じて保険料割引が適用される。
(2)ノンフリート等級や新規・継続等の契約条件による加入制限は設けていないので、トヨタのコネクティッドカーを所有するすべての個人ユーザーが対象となり、従来の料率制度による割引に上乗せして「運転特性による割引=安全運転によるインセンティブ」を受けることができる。
(3)「運転特性による割引」による保険料の較差は、最大で20%程度となる。
2.対象車種
トヨタのコネクティッドカーのうち、あいおいニッセイ同和損保が定める走行データが取得できる車両(レクサス車含む)
(1)トヨタ車:2018年夏頃以降に発売予定の「クラウン」より順次拡大。
(2)レクサス車:2018年1月以降発売の新車全車対象(HS・LCを除く。既販車も一部対象車あり)
3.「安全・安心のサービス」の特長
お客様一人ひとりの運転状況に応じた「安全運転診断サービス」(マンスリーレポート、ドライブレポート)をタイムリーに提供することで、ドライバーに安全運転を促し、交通事故を未然に防ぐ。
4.その他
「緊急時リアルタイムサポート」「安心見守りサポート」「エンターテインメントサービス(2018年12月以降に開始予定)」といったサービスを実施する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

生保

アフラック生命、資産形成と保障のハイブリッドツミタスを発売

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

損保

アクサ損保、法人向け「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

生保

日本生命、Jack Bunny!! Junior Golf  Tour2024に協賛~参加者に熱中症・インフルエンザ保障保険を提供

関連商品