シンニチ保険WEB

生命保険各社、平成29年台風第21号による災害救助法適用地域の特別取扱いを実施

生命保険会社では、平成29年台風第21号による災害により災害救助法が適用された地域の被災者の契約について、以下の特別措置を実施している。
1.保険料払込猶予期間の延長
保険契約者からのお申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6か月延長する。
2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速なお支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な支払いをする。
※取扱いの詳細は、契約している生命保険会社に問い合わせ。
◆災害救助法の適用状況(内閣府発表)
・2017年10月22日
三重県伊勢市、度会郡玉城町、京都府舞鶴市
・2017年10月21日
和歌山県新宮市
平成29年台風第21号により、住家に多数の被害が生じており、継続的に救助を必要としている。なお、生命保険協会は、災害救助法が適用された地域において被災された方について、家屋等の流失・焼失等により生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金の請求を行うことが困難な場合等において、生命保険契約の有無の照会(災害地域生保契約照会制度)に応じる。利用対象者は、原則として照会対象者(被災された方)の家族(配偶者、親、子、兄弟姉妹)。
・生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」
フリーダイヤル:0120-001731
【受付時間】月~金曜日(祝日を除く)9:00~17:00

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損害保険協会、平成30年7月豪雨による災害に伴う特別措置

損保協会・団体

損害保険協会、平成30年7月豪雨による災害に伴う特別措置(自賠責保険)の一部延長を発表

損保

ジェイアイ傷害火災、「平成30年7月豪雨」の被災者への特別措置を発表

生保

みどり生命、平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨にかかる災害救助法適用地域の契約に対する特別措置の実施を発表

生保

朝日生命、「平成30年7月豪雨」の被災者へ各種特別取扱いならびに義援金の寄贈を発表

生保

住友生命、「平成30年7月豪雨」の被災者に対する特別取扱い実施を発表

生保

ソニー生命、「平成30年7月豪雨」の被災者に対する 契約者貸付・入院給付金に関する特別取扱および義援金の寄贈を発表

生保

第一生命、災害救助法適用地域のお客さまに対する特別取扱い実施を発表

生保

ネオファースト生命「平成30年7月豪雨」の被災者への特別取扱い実施を発表

生保

大同生命、太陽生命、T&Dフィナンシャル生命「平成30年7月豪雨」の被災者への契約者貸付・入院給付金の特別取扱い実施を発表

関連商品