シンニチ保険WEB

ソニー生命、「平成30年7月豪雨」の被災者に対する 契約者貸付・入院給付金に関する特別取扱および義援金の寄贈を発表

ソニー生命は、このたびの災害により災害救助法が適用された地域の被災契約者を支援するため、下記のとおり特別取扱を実施する。
また、被災者の支援や復興に役立てるための義援金として、日本赤十字社を通じて1,000万円を寄贈する。
1.新規契約者貸付に対する特別金利の適用(利息の免除)
・新規の契約者貸付について、以下のとおり特別金利(利息の免除)の取り扱いをおこなう。
対象契約:災害救助法適用地域(※)に居住し、被災した契約者が加入の契約
(変額保険ならびに変額個人年金保険を除く)
特別金利:年利0.0%
契約者貸付金額の上限:1契約あたりの貸付限度額まで
上記金利適用期間:2018年7月5日から2019年1月31日まで
受付期間:2018年7月5日から2018年9月30日まで(※)「平成30年7月豪雨」に係る災害救助法の適用地域
※利息の免除に伴う差額の精算は同社所定の計算方法により上記金利適用期間の終了後に実施する。
2.入院給付金の特別取扱
(1)入院を直ぐにできなかった場合
入院治療が必要であったものの、医療機関の事情により、直ぐに入院ができなかった場合、医師により治療を受けた期間において、請求の際に提出する診断書にその旨の証明をする事で、当該期間についても「本来必要であった入院期間」として、入院給付金を支払う。
(2)退院が当初の予定よりも早まった場合
引き続き入院治療が必要であったものの、医療機関の事情により、退院が当初の予定より早まり、その後は避難所・臨時施設等で医師により治療を受けた、または医師の指示により自宅療養した場合は、請求の際に提出する診断書にその旨の証明をする事で、当該期間についても「本来必要であった入院期間」として、入院給付金を支払う。
(3)入院できなかった場合
入院治療が必要であったものの、医療機関の事情により入院できず、避難所・臨時施設等で医師により治療を受けた場合は、請求の際に提出する診断書にその旨の証明をする事で、当該期間についても「本来必要であった入院期間」として、入院給付金を支払う。
3.義援金の寄贈
被災者の支援や復興に役立てもらうための義援金として、日本赤十字社を通じて1,000万円を寄贈する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

アクサ5社とJBFA、第18回アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権を開催

損保

au損保とKDDI、授業で活用する「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」を制作

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

太陽生命、U9ジャパンカップ2019へ特別協賛

生保

住友生命、第43回こども絵画コンクール開催

損保

三井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」の運営を変更

損保

三井ダイレクト損保、「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO2019」に出展

生保

明治安田生命、長野県と「包括連携協定」を締結

損保

SOMPOホールディングス、VRを活用した「仮想型防災訓練サービス」の中国における無償提供を開始

損保

損保ジャパン日本興亜、「シートベルトカバー型デバイス」による事故防止サービス開発に向けた実証実験開始

関連商品