シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、松阪市と『高齢者にやさしいまちづくりに関する協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は、松阪市が取り組む「高齢者にやさしいまちづくり」の実施について、6月20日に協定を締結した。
▽協定の内容と目的
・松阪市と損保ジャパン日本興亜は、以下の活動において協定する。
(1)松阪ビルで働く全従業員が認知症サポーターとして、高齢者が安心して暮らせるまちづくりに貢献する。
(2)徘徊SOSネットワークまつさかへ登録し、高齢者が安全に暮らせるまちづくりに貢献する。
(3)松阪ビルを高齢者が困っている際に利用可能な避難場所とし、従業員が真摯に応対する。
(4)事業活動において、困っている高齢者を従業員が発見した場合は、積極的に声をかけ、関係先に連絡するなどの対応を行う。
(5)地域のイベント等に積極的に協力していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

生保

かんぽ生命、東京都とラジオ体操普及啓発事業に係る協定を締結

生保

アクサ生命、福井県と健康づくりの推進に関する相互協力協定を締結

損保

損保ジャパン、南箕輪村と「地域防災力向上等に関する包括連携協定」を締結

損保

大同火災、オキナワ・スタートアップ・プログラムで採択されたDayz社と包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、矢巾町とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における応急対策支援に関する協定』を締結

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

生保

太陽生命、「認知症保険」の累計販売件数が80万を突破

関連商品