シンニチ保険WEB

喜多方市、損保ジャパン日本興亜など、しだれ桜開花期の駐車場対策で実証実験

福島県喜多方市、損保ジャパン日本興亜、軒先社、ラック社は、シェアリングエコノミーの実証実験の一環として、それぞれが保有する知的・人的資源を有効に活用し、相互の連携および協力を強化することにより、地域課題の解決や地域の発展に資するため、東北を代表する桜の名所となりつつある日中線記念自転車歩行者道しだれ桜開花期における駐車場対策に関する連携協定を締結した。
具体的には、しだれ桜開花期においてインターネットを活用し、空いている駐車スペースを来訪者に貸し出すサービスの実証実験を行う。
それぞれの役割としては、喜多方市が「市民に対する駐車スペース提供の呼びかけ」、損保ジャパン日本興亜が「実証実験に必要な保険設計(リスクヘッジ)」、軒先社が「駐車場シェアリングシステムの提供、利用者への呼びかけ」、ラック社が「実証実験の企画立案およびプロジェクトマネジメント」となっている。
なお、シェアリングエコノミーは、個人や企業等が所有する遊休資産やノウハウ等を、インターネットを利用したマッチングによって他の個人等も利用可能とする経済活性化活動。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

マニュライフ生命、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」と「ヴォレアス北海道×マニュライフ生命ミニバレーボールキャラバン」を開催

生保

メットライフ生命、よりよい地域社会のための寄付が累計5億3,870万円に社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」贈呈式

生保

フコクしんらい生命、観音寺信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品