新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI生命、生成AIを活用した社内業務サービスをGPT-4oとClaude3Haikuへバージョンアップ

SBI生命は、7月から生成AIを活用した各種社内業務サービスをGPT-4o(omni)※1ならびにClaude3Haiku※2へバージョンアップする。
1.概要
■コールセンターオペレーター向けAIセルフボットにGPT-4o(omni)を搭載
SBI生命において、アマゾンウェブサービス(以下「AWS」)が提供する機械学習を利用したインテリジェント検索サービス「Amazon Kendra」にGPT-4※1を組み込んだ、コールセンターのオペレーター向けAIセルフボットを開発し、2023年7月より運用を開始した。5月にGPT-4o(omni)が発表されたことを受け、当該セルフボットのGPT-4を最新のAIモデルへバージョンアップをすることとした。これにより、検索結果の要約時間がさらに短縮し、これまで以上にタイムリーなお客さま対応を実現する。
■ITサービスデスクのAIオペレーターにClaude3Haikuを搭載
ITサービスデスクの業務において、AWSが提供する「Amazon Bedrock」上でClaude Instant※2を搭載したAIオペレーターによる音声自動案内サービスを、2024年1月より開始した。2024年3月にClaude3Haikuが発表されたことを受け、Claude Instantを最新のAIモデルへバージョンアップすることとした。これにより、これまで以上にスピーディーな自動案内・対応を実現する。
2.今後の展開
社内におけるAIセルフボットやAIオペレーターの対応業務の範囲を順次拡大する予定である。また、複数の生成AIモデルをその特徴や目的に応じて使い分けることにより、さらなる社内業務の効率化とお客さまサービスの充実を図っていく。
以上
(※1)GPT-4o(omni)とGPT-4:OpenAI社が提供するAIモデル
(※2)Claude3HaikuとClaudeInstant:米Anthropic社が提供するAIモデル
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、業務用スマートフォンの導入によるお客さまサービス向上の取組みを実施

生保

SBI生命、ナビナビ保険「2024年版ナビナビ保険グランプリ」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が3年連続第1位を獲得

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

生保

SBI生命、第10回「ご提案募集コーナー」の大賞は「お亡くなり後の届出等お手伝いサービス」

生保

SBI生命、篠原秀典氏が代表取締役社長に就任

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

生保

SBI生命、コのほけん!「Insurance of the Year2024」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が第1位を獲得

生保

SBI生命、2023年度決算(案)を発表

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

関連商品