新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

損保協会は、7月から順次、損保一般試験(損害保険募集人一般試験)の受験者向けの教育テキストをデジタル化し、利便性・学習効果の向上およびペーパーレス化の推進を図る。
2024年7月に基礎単位、2024年12月に商品単位の教育テキストをデジタル化し、PC・タブレット・スマートフォンで閲覧できる環境を構築する。デジタル化により、受験者の利便性が向上するとともに、デザイン性や分かりやすさの改善により、学習効果の向上も期待できる。
また、同協会では「気候変動対応方針」に基づきペーパーレス化を推進している。本取組みにより年間約1,300トンの紙資源の削減が見込まれるため、環境負荷の軽減にも繋がる。
同協会では引き続き、損保業界の信頼回復に向けて、募集人教育の一層の充実を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

生保

太陽生命、デジタル技術を活用した営業端末を開発

生保

住友生命、睡眠習慣改善サービスの開発に向けた株式会社ACCELStarsへ出資

損保

あいおいニッセイ同和損保、AIを活用した地盤と建物の地震危険度指標化プログラムを開発

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、日本損害保険協会の役員改選を発表

損保

東京海上日動、浸水の即時把握を可能とする水災対策ソリューション「リアルタイムハザード」の提供開始

損保

損保協会、自動運転の法的・実務的論点に関する報告書を作成

損保

SBI損保、IDOMの修理工場へ透明性向上のための鈑金工程確認システムを導入

関連商品