新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

東京海上日動は、「トータルアシスト住まいの保険(以下「住まいの保険」)」において、事故の回避や被害の軽減を実現するために、プッシュ型の情報配信サービス「住まいの防災・減災情報」を開始する。
1.背景・目的
火災保険では、水漏れや破損等、比較的に予見・予防が可能な事故の報告を多数寄せられている。従前より、同社はホームページ等を通じて防災・減災に役立つ情報を提供してきたが、こうした事故から少しでも多くのお客様を守るため、2024年10月より、住まいの保険の契約者向けに、事故の回避や被害軽減に繋がるプッシュ型の情報配信サービスを開始する。
東京海上グループは、2021年11月に発足した防災コンソーシアムCOREにより業界の垣根を超えた企業間の連携・協業を推進し、様々なソリューションの研究・実証・実装に取り組んでいる。また、2023年11月に設立した防災・減災領域の事業に特化した東京海上レジリエンス株式会社、グループのデータ活用を推進するとともに、リスクコンサルティングを担う東京海上ディーアール株式会社がある。
「住まいの防災・減災情報」には、これら提携企業の知見・ノウハウや同社が保有する豊富な事故データの分析を活用している。同社は本サービスの提供を通じて、更なる安心を届けていく。
2.サービスの概要
■提供情報
(1)サービス名:住まいの防災・減災情報
【リスクの周知・対策喚起】防災・減災情報メール台風等の自然災害や、盗難・漏水等のリスクによる事故の未然防止・被害軽減に資する情報をメールで案内する。同社が保有する 豊富な保険事故データの分析を活用した平時の対策(建物のメンテナンス・防災グッズの準備等)、災害時の対策(風災時ガラス飛散防止対策や水災時の浸水対策等)をそれぞれ配信することで、防災意識の更なる向上に繋げていく。
【災害時アラート】災害警戒アラート(水道管凍結警戒アラート)
水道管凍結による水漏れ事故を防ぐため、リスクが高まった際に、該当する地域にお住まいのお客様向けにアラートを配信する。水道管の凍結は、簡易的な対策を講じることで防げるものが一定程度あるため、具体的な予防策(水道管の水抜き等)を案内することで被害の軽減に貢献していく。
■対象者
住まいの保険・超保険(住まいに関する補償)の契約者
3.今後の展開
「住まいの防災・減災情報」の防災・減災情報メールに関しては、対象者の拡大(中小企業等)や、契約者の属性・物件情報によって最適な情報を配信できるよう、機能拡充を行う。
災害警戒アラートに関しては、水道管凍結による水漏れ事故対策(アラート)から開始し、その後、雹災や大雪、台風などへの対象拡大を予定している。
同社は「お客様や社会の“いつも”を支え、“いざ”をお守りする」というパーパスのもと、「防災・減災」を重点領域として定め、社会課題を解決する様々な取組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

楽天損保、「1日保険シリーズ」を販売終了

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

関連商品