新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

大同火災は、同社の第14次中期経営計画に掲げる「温暖化防止対策の実施」およびサステナビリティマテリアリティに掲げる「地球環境問題への取り組み」の一環として、同社での事業活動において排出しているGHG(温室効果ガス)の排出量を算出したので、開示する。
なお、今回の開示はScope1(同社での燃料使用に伴う直接排出)とScope2(エネルギー起源の間接排出)が対象である。Scope3に関しては今後検討していく。
引き続き、大同火災グループは、サステナビリティ経営の実践を通して、温暖化防止の取り組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2023年度取組結果を公表

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

関連商品