新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

東京海上ホールディングスは、5月20日開催の取締役会において、下記のとおり政策株式の売却方針を決議した。
【売却方針に関する決議事項】
①政策株式(非上場株式および資本業務提携による出資等は除く)は、2029年度末までにゼロにする。
②新中期経営計画期間の3年間(2024年度~2026年度)では2024年3月末残高3.5兆円(2024年3月末時価)を半減させる。
なお、2024年度の売却予定額は6000億円(2024年3月末時価)になる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の理事長、一般社団法人日本ヒーブ協議会の代表理事に同社職員が就任

生保

かんぽ生命、執行役に対する報酬制度改定

損保

東京海上ホールディングス、子会社の業務改善計画の進捗および改善状況を公表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

関連商品