新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

SBI損保は、仙台銀行と連携し、同行の口座保有者を対象に、同行の「よりそう介護保険」の案内を5月13日から開始する。地域金融機関における、SBI損保の介護保険の団体保険サービス導入は初となる。
日本では平均寿命が延び続けており、今後もますます高齢者が増加すると見込まれている。また、高齢化の進展とともに要介護認定者の数も増加しており、75~79歳では12.1%、80~84歳では25.8%、85歳以上では59.8%と、年齢を重ねるとともにその割合は高まっている。
介護にかかる費用は約500万円以上と言われており、公的介護保険ではカバーしきれない部分も多分にある。しかしながら介護費用への備えがある方の割合は53.5%にとどまっており、約半数の方が十分な備えができていない状態にあるといえる。
仙台銀行の「よりそう介護保険」は、要介護状態になった場合に、介護一時金を支払う保険商品である。仙台銀行が団体契約者となることで、仙台銀行の口座をお持ちのお客さまはお手頃な保険料で、長寿社会における万が一に備えることが可能となる。
SBIグループでは「地方の主たる経済主体との価値共創を通じ、地方創生に向け積極的に貢献」することを全体戦略の一つとしており、SBI損保も個別戦略に基づいて地域金融機関との業務提携・商品提供を拡大している。仙台銀行は、SBIホールディングスが資本業務提携を行ったじもとホールディングス傘下の地域金融機関であり、SBI損保のがん保険[自由診療タイプ](がん治療費用総合保険)の団体保険、SBI損保の火災保険(住まいの保険)の導入実績がある。
SBI損保は今後も、仙台銀行とさらなる協業の可能性を検討し、より多くのお客さまに満足するような保険商品・サービスの提供に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

楽天損保、「1日保険シリーズ」を販売終了

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

関連商品