新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

共栄火災、自転車月間に合わせ「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

共栄火災は、今年も5月の自転車月間に合わせ、全国から20歳以上の1,100名を対象に「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施した。
本調査は、日常生活での移動手段として月に1回以上、自転車を利用されている方々の日頃の利用実態を把握するとともに、自転車の運転で危ないと感じたこと、さらに各地域で施行が進められている自転車保険の加入を義務付ける条例についての認知度と自転車保険への加入状況を明らかにすることで、自転車での事故を未然に防ぎ、より安全に安心して自転車を利用することの一考察として、2021年より毎年実施している。
今回の調査では、2023年4月1日より努力義務が課せられたヘルメットの着用率や、シェアサイクル・電動キックボードといった新たなサービスの普及状況も明らかになった。
《調査結果サマリー》
<自転車の利用実態は・・・>
1.日常生活での移動手段として「電動キックボード」はまだまだ少数(Q1)
日常生活での移動手段は、「一般車・シティサイクル」が54.2%と過半数を占め、「電動アシスト車」の22.3%と合わせると約8割を占める結果となった。「電動キックボード」の利用
者は全体の1%未満とまだまだ少数であるという回答結果だった。
2.「電動アシスト車」の利用目的は「坂道での運転補助」が過半数(Q2)
「電動アシスト車」を利用したきっかけの1位は「坂道などの運転の補助」が54.7%と、昨年(前回調査)の47.3%から7.4ポイント増える結果となった。年代別では、60歳以上が71.2%と最も高く、20代の若い世代でも57.5%が坂道での運転の補助として利用していると回答している。
3.利用者の3割が「ほぼ毎日」自転車を利用(Q4・Q5)
自転車の利用頻度は「ほぼ毎日」が31.6%で最も多く、昨年(前回調査)1位であった「週3~5回」を上回る結果となった。「月に数回程度」を除くと、9割近く(86.4%)が週に1回以上自転車を利用していると回答されている。20代では「通勤・通学」、60歳以上は「生活圏内での利用」が最も多くなった。用途は異なりますが、自転車は世代を問わず日常生活に欠かせない移動手段であることが窺える。
4.シェアサイクルは20代で2人に1人が利用経験あり(Q6)
回答者全体の26.9%がシェアサイクルを利用したことがあると回答、年代別では20代が半数(51.4%)の利用経験があるのに対し、40歳以上は大半が「利用したことがない」との回答結果となった。
<自転車事故を防ぐために気をつけたいことは・・・>
5.ヘルメットの着用率は24.9%(Q8)
2023年4月から努力義務化された自転車利用時のヘルメット着用率について、2023年7月に行われた警察当局での全国調査では13.5%だったが、本調査では24.9%と高い結果となった。また、「着用している」(24.9%)と「着用していないが、今後着用したい」(32.7%)を合わせると約6割がヘルメット着用に前向きな回答となっており、特に20代(66.2%)と60歳以上(67.1%)で高い割合となった。
6.自転車にも車検制度が「必要」との回答が多数(Q9)
2021年から開始した本調査で初めて、自転車の「車検制度」の導入が「必要だと思う」(39.8%)が、「必要ではないと思う」(36.7%)を上回る結果となった。
<自転車保険の加入実態は・・・>
7.自転車保険の加入者は65.5%、加入のきっかけは年代で分かれる(Q11、Q12、Q13)
自転車保険の加入については、回答者全体の65.5%が「加入している」と回答され、加入のきっかけは「自分(もしくは家族)が加害者になった時に備えて」(47.6%)、「自治体で法制化され、義務付けられたため」(46.6%)がそれぞれ約半数という結果となった。年代別では、20代、30代で「自治体で法制化され、義務付けられたため」(20代:66.4%、30代:50.4%)、50代以上で「自分(もしくは家族)が加害者になった時に備えて」(50代:53.3%、60歳以上:58.1%)と年代により分かれた。加入しない理由については、1位「保険料が負担になるから」、2位「手続きが面倒だから」、3位「義務化されていないから」と続いた。
【調査概要】
名称 自転車ユーザーにみる「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」
実施時期 2024年4月12日~15日
調査方法 インターネットを通じてのWEB調査
調査対象 全国にお住まいの20歳以上の男女で、月に1回以上自転車を利用する方
調査人数 1,100名(有効回答数)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

損保

共栄火災、2024年3月期決算を発表

生保

PGF生命、2024年の還暦人(かんれきびと)に関する調査

生保

日本生命、「母の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「こどもの日」について、ニッセイインターネットアンケートを実施

関連商品