新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン子会社Mysurance、【日本初】新車購入者と販売店の相互扶助による新保険制度「愛車PROTECTトヨタのミニ車両保険」を全国展開

損保ジャパンの子会社で少額短期保険業を営むMysurance(マイシュアランス)株式会社(以下「Mysurance」)と、トヨタファイナンス株式会社(以下「TFC」)は、2023年8月から一部のトヨタ販売店(以下「先行販売店」)を通じて「愛車PROTECTトヨタのミニ車両保険」(以下「本保険」)を先行販売してきた。今般、多くのお客さまや先行販売店から好評だったことを受け、取扱販売店を全国のトヨタ販売店に順次拡大していく。
(注)「愛車PROTECT」はTFCとMysuranceの共同登録商標である。
1.開発の背景
自動車保険では、こすり傷や凹み傷等のいわゆる小損害事故時には、車両保険を使用すると等級がダウンし、次年度以降の保険料が上がることから、車両保険を使用せずに自己負担で修理するケース、または修理そのものをあきらめるケースがあった。
そこで、「愛車だからこそ、等級を気にせず修理してほしい」「愛車にキレイに乗り続けてほしい」という想いから、万一の事故時には最大10万円を補償し、自動車保険の等級に影響しない保険商品を開発した。
本保険は、Peer to Peer(ピア・ツー・ピア、以下「P2P」)(※)という仕組みを活用し、新車購入者の集団(以下「Pool」)を形成して、保険事故が発生した場合はこのPoolから保険金を支払う。保険料は、前月の保険金支払総額と加入契約数によって合理的に算出し、毎月変動する。また、「お客さまと販売店」の新たなコミュニティを創造するため、販売店(保険契約者)が保険料の一部を負担することができる、これまでにない新しい仕組みを構築した。
(※)P2Pとは、いわゆるシェアリングエコノミーを保険に適用したもので、一般的に、保険金支払総額を加入契約数で均等に割り、保険料は一律後払いで領収するものである。
2.商品概要
(1)補償内容
自損事故や車同士の事故をはじめ、飛び石やいたずら傷など、車両保険の一般条件と同等の幅広い補償を提供する。1事故あたり最大10万円を補償する。
(注)加入の条件として、本保険で補償対象とする自動車が他の自動車保険において次のいずれかの条件を満たす場合に、加入できる。
・車両保険の免責金額(自己負担額)が10万円以上の場合
・車両保険をセットしていない場合
(2)毎月合理的に保険料を算出
保険料は、前月の保険金支払総額と加入契約数によって合理的に算出し、毎月変動する。なお、保険料は前月の結果に基づき領収する。
(注)保険料上限額が設定されているため、毎月の保険料は一定金額以内に収まる仕組みとなっている。
(3)ハイブリッド型P2P保険の仕組み【日本初】
従来のP2P保険は、「保険会社とお客さま(保険契約者)」という関係で、お客さま同士で保険料を負担し合うことが一般的だったが、本保険は、「お客さまと販売店」の新たなコミュニティ創造を目指した、全く新しいハイブリッド型P2P保険として、販売店(保険契約者)が保険料の一部を負担することができる仕組みを構築した。
(注)販売店(保険契約者)は、途中で保険料負担額の設定を変更することが可能である。(ビジネスモデル特許出願中)
3.加入方法・保険金請求方法
お客さまは、自身のスマートフォンやパソコンから本保険に加入できる。加入手続きは、車検証のQRコードを読み取ることで自動車の情報が自動入力され、最短3分で完結する。デジタル技術を活用し、面倒な申込手続きを簡素化することで、UX向上に努めた。
また、本保険は「事前登録」という機能を用意しており、お客さまは、新車購入(注文)時から納車までの間に事前登録することで、自動車の車検登録予定日前にリマインドメールを受け取ることができるため、加入手続き漏れを防止し、納車日前に保険加入できる。納車当日に面倒な手続きが不要となり、安心して納車日を迎えられる。
万一の事故の際は、トヨタ販売店に入庫・修理し、車の写真や領収書等をMysuranceのマイページ上でアップロードのうえ保険金請求しすることで、最短で翌日にはお客さまの銀行口座に保険金を支払う。
4.今後について
TFCでは現在、全国のトヨタ販売店に、本保険制度の導入をお勧めする活動を行なっている。導入を決定したトヨタ販売店から順次(早ければ夏頃より)、本保険の案内を開始する予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

生保

アフラック生命、資産形成と保障のハイブリッドツミタスを発売

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

損保

アクサ損保、法人向け「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

生保

日本生命、Jack Bunny!! Junior Golf  Tour2024に協賛~参加者に熱中症・インフルエンザ保障保険を提供

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

関連商品