新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、自動車保険の保険料支払において「青と黄色のVポイント」取り扱いを開始

SBI損保は、4月22日から、「SBI損保の自動車保険」の保険料の支払いに、日本最大級(※1)の共通ポイントサービスである「青と黄色のVポイント」が利用可能となる。
【取り組み概要】
4月22日以降、新規で「SBI損保の自動車保険」に加入すると、保険料の10%を上限に、1ポイント=1円分として「青と黄色のVポイント」を保険料の支払いに利用できる。
同商品は、インターネットからの新規申込みで保険料14,500円割引(※2)が適用されるなど、リーズナブルな保険料を提案してきた。このほど取り扱いを開始する「青と黄色のVポイント」を活用することで、今後はさらにおトクにさらに便利に自動車保険に加入できる。
【「青と黄色のVポイント」について】
「青と黄色のVポイント」は、CCCMKホールディングス株式会社と三井住友カード株式会社が、4月22日(月)より開始する新たなポイントサービスである。提携店舗数約15万店舗を有し、約1.3億人(有効ID数)が利用する「Tポイント」と、世界中のVisa加盟店で使える「Vポイント」が統合し、新しい共通ポイントとして誕生した。
コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、衣料店、家電量販店、電気・ガスなど、生活に密着したあらゆるライフシーンで利用できるほか、国内ではVisa加盟店750万店舗、世界ではVisa加盟店1億店舗で利用できる。
SBI損保は今後も、「顧客中心主義の徹底」のもとグループ内外の企業とのアライアンスを活用し、さらなる顧客満足度の向上、サービスの拡充に努めていく。
※1 会員数約1.3億人(有効ID数)
※2 ①インターネット割引(14,000円)②証券不発行割引(500円)を適用した割引額である。月払の場合は年間14,520円(①14,040円、②480円)となる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

関連商品