新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム損保、犬と猫の「熱中症週間予報」、4月18日から配信開始

アニコム損保は、ペットの熱中症の予防啓発を目的として、「犬の熱中症週間予報」「猫の熱中症週間予報」の配信を4月18日(木)から開始する。各予報はアニコムグループのSNSアカウント(Instagram・X・Facebook)にて、毎週木曜日に配信予定である。
犬と猫の「熱中症週間予報」は、株式会社ライフビジネスウェザーの鈴木勝博氏(気象予報士/獣医師)とアニコム損保が独自に開発した熱中症指標をもとに作成している。犬と猫それぞれの体高や代謝などを考慮した指標と1週間分の気象予報から、全国主要10都市の熱中症注意レベルを「やや注意」「注意」「警戒」「厳重警戒」の4段階に分け、それぞれ犬と猫のイラストで表示する。
アニコム損保では、飼い主さまの適切な対策により「防げる病気」である熱中症を予防するため、2013年から「犬の熱中症週間予報」をスタートした。2022年からは「猫の熱中症週間予報」も配信している。
2023年の熱中症の診療件数について調査したところ、犬は1,424件、猫は200件だった。
2023年の夏(6~8月)の平均気温は1898年の統計開始以降、最も高かったこともあり、犬と猫あわせて7月に538件・8月に464件発生し、この2ヶ月で年間の熱中症件数(1,624件)の6割以上を占めた。また、暑さが秋になってもなかなか収まらなかったことから、9月にも175件の熱中症が発生している。一方で例年と同様に、5月頃から診療件数が大きく増加する傾向も見られた。
本格的な暑さが始まる前や、真夏の暑さがある程度収まった後でも、注意が必要であることがわかる。
●入院で診療費が高額に
熱中症の治療にかかった費用を見てみると、通院の場合は犬が1.7万円・猫が1.4万円でした。一方で入院が必要な場合は犬が8.7万円・猫が3.9万円と高額になっている。
熱中症は重症化すると合併症を起こしたり、最悪の場合は命の危険もある病気である。もし症状が見られる場合は、早めに動物病院に連れていこう。
アニコム損保では、今年も「熱中症週間予報」を通じて熱中症の予防啓発を行うとともに、熱中症を含めたさまざまな病気に対して飼い主さまの知識向上を図り、どうぶつたちが健康で幸せに暮らせるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

関連商品