新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

au損保は、全国の自転車利用者の20歳から69歳の男女15,381名を対象に、自転車利用時のヘルメットに関する調査を実施した。
(1)自転車利用時のヘルメット着用努力義務化の認知度は85.5%
年令を問わず自転車利用時のヘルメット着用が努力義務となったことを知っているか尋ねたところ、「知っていた」と回答した方は85.5%(13,147名)で、努力義務化施行直前に実施した昨年の調査に比べ30pt以上上昇した。
(2)自転車利用時のヘルメットの着用率は21.6%
自転車利用時にヘルメットを着用しているかを尋ねたところ、「いつも着用している」と「ときどき着用している」と回答した方を合わせると21.6%となり、昨年の調査結果に比べ11.2pt上昇したが、約8割の方が未着用であることが判明した。
(3)都道府県別の着用率、トップは長崎県
都道府県別の着用率では長崎県が48.7%(前年度比+24.7pt)でトップ、続いて長野県の37.1%(同+15.6pt)だった。なお、長崎県は前年度からの着用率アップも全国トップだった。
(4)着用していない理由は「購入費用が負担」が最多
「着用していない」「ヘルメットを所有していない」と回答した方に、その理由を尋ねたところ、「購入費用が負担」と答えた人が26.6%(3,205名)と最多で、ヘルメット着用に費用がハードルとなっている一方、前年度トップの理由だった「必要性を感じない」と答えた人は24.9%と前年度比で約10pt減少した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「家計」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、ペットと楽しむイベントに関する調査を実施

生保

ジブラルタ生命、身体と心の健康づくりに関する調査2024を実施

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

生保

ライフネット生命、認知症に関する調査を実施

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

関連商品