新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

アイペット損保は、犬・猫(以下、「ペット」)飼育者の1,000名を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施した。
2022年(以下、昨年)の調査結果と比較すると、2023年のペット関連支出が増えたと感じている方は10%以上増加しており、医療費などのペットの病気に関連した支出や、物価上昇に伴うペット関連費用増加を感じている方が多い傾向がみられた。
【調査結果概要】
●直近1年間のペット関連支出、4割以上が前年より「増えた」と回答
●年間のペット関連支出額は特に犬飼育者に増加傾向、10万円以上が全体の約6割
●増加理由トップは、犬飼育者「医療費などのペットの病気に関連した支出増加」、猫飼育者「物価上昇に伴うペット関連費用増加」
●ペット関連支出について「現状維持したい」が最多の31%となるも、「医療費」や「健康維持費用」であれば増加してもよいと考える方がともに25%以上
●「ペットツーリズム」犬飼育者の半数以上が、ペットと旅行に行きたい

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

損保

セゾン自動車火災、防災に対する意識調査を実施

関連商品