新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日新火災、株式会社OsidOriと代理店委託契約を締結

日新火災は、夫婦・カップルの共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」の開発・運営を行う株式会社OsidOriと代理店委託契約を締結し、3月18日にOsidOriアプリ上にWebで加入できる賃貸住宅入居者向け家財保険「お部屋を借りるときの保険」の案内ページをリリースした。家計管理意識の高いお客さまに、同アプリを通じて必要な補償をリーズナブルな保険料で届ける。
【代理店委託背景】
日新火災は「最も身近で信頼されるリテール損害保険会社」として、利便性の高いWeb完結型保険を販売している。部屋を借りるときの保険は、賃貸住宅に入居する際に必要な賠償責任や家財の補償等がセットされた保険であり、2014年の発売以来、20~730歳代を中心に支持があり、累計販売件数が80万件を突破した(2023年10月末時点)。年間保険料3500円から手軽に加入できることに加え、契約の申込みや住所変更といった諸手続きがネットで完結する利便性が特徴である。
OsidOriは、「誰もがお金に困らず、生きたい人生を歩める世界を作る」を企業使命とし、夫婦・カップル向けの共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri」を開発運営しており、20~30歳代の皆さまを中心とした60万人以上の夫婦・カップルに利用されている。利用者の多くは、結婚前に同居を始める、結婚して2人でお部屋を借りる、子供を授かり大きな部屋へ引越する等の行動が最も起こりやすいライフステージにいる。
両社の価値観やお客さま層が一致することから、より広く利便性高く個人のお客さまへの案内を図るため、本契約を締結し、アプリを活用した取り組みを開始した。
【サービス概要】
OsidOriアプリ上のサービスとして、部屋を借りるときの保険専用案内ページをリリースした。
案内ページから賃貸住宅入居者に必要な家財保険の概要を確認し、詳細な見積りや申込みの手続き画面を通じて、自身に必要な補償にリーズナブルな保険料で加入できる。
日新火災は、いざという時に最もダメージを受けやすい個人のお客さまに、どこよりも手軽に安心して加入できる保険を提供し、日々の生活をサポートしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、リフォームを通じた自然災害被害の軽減に向けて協業

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生保

なないろ生命、株式会社ZENB HOLDINGSとマーケティング会社を共同で設立

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品