新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、ポイントが貯まる「CAINZの保険」の販売開始

三井住友海上と株式会社カインズは、カインズアプリ会員(約450万人)を対象としたポイントが貯まる「CAINZの保険」を、3月18日から販売開始する。
申し込みから契約完了までの手続きを専用Webサイト上で完結できるネット保険で、「くらし」に安心を届ける『医療・がん・介護』の3つの保険商品を用意した。
1.「CAINZの保険」概要
(1)特長
三井住友海上が提供する3つの保険商品(医療・がん・介護)に加入すると、保険料に応じたカインズポイントが貯まる。
(2)主な商品内容
①医療保険:病気による入院・退院時の補償に加え、三大疾病や先進医療補償が充実している。
(対象:カインズアプリ会員さま本人・配偶者・お子さま・両親)
②がん保険:がんによる入院、手術、放射線治療の補償に加え、がんと診断された場合に一時金を支払う。
(対象:カインズアプリ会員さま本人・配偶者・お子さま・両親)
③介護保険:ケガの補償に加え、要介護2※1以上の状態となった場合に介護一時金を支払う。
(対象:カインズアプリ会員さま本人・配偶者)
※1:食事やトイレ、入浴など家事や身の回りのことをする際に見守りや介助が必要な状態のことをいう。
(3)提供開始日:2024年3月18日(月)
2.カインズポイントについて
「CAINZの保険」に申し込み、Web上で保険料支払い手続きを完了させることで、保険料に応じたカインズポイントが貯まる※2。
※2:貯まったカインズポイントは、全国のカインズ店舗およびカインズオンラインで買い物に利用できる。
ポイント積算保険料に対して、1%付与。
(例)月払保険料2,000円の場合、毎月20ポイントが貯まる。
ポイント付与条件 カインズアプリ会員であること
ポイント付与上限 3,000ポイントまで(1契約につき・年間)
ポイント付与時期 保険始期月の翌月末頃から毎月付与
3.背景・目的
カインズは、日本型のホームセンターという業態を立ち上げた1978年の創業以来、お客さま一人ひとりの自分らしいくらしをサポートし、時代が求める「くらしに、ららら。」を届けてきた。2019年を第3創業期と位置づけて「次のカインズを創る」ためのさまざまな施策に取り組む中、新たに「くらしDIY」をブランドコンセプトとして策定した。自らが創ってきたカインズという枠を超えて、モノを売るカインズから創意工夫のアイデアを届けるカインズへと進化し、全ての「まち」のくらしを「もっと心地よく、もっと楽しく、もっと快適に」して、「くらしDIY」を文化へと昇華する、カインズにしかできない価値を創出していく。
三井住友海上は、社会課題の解決に向けた保険商品・サービスを提供している。長年のWebを介した保険販売のノウハウを生かし、お手続きが簡便な商品を多岐にわたって展開している。
両社は、それぞれの得意分野を掛け合わせ、カインズアプリ会員さま向けにWebで簡便に加入できる「CAINZの保険」を通じて、「くらし」に最適な保険商品を提供し、さらにカインズポイントが貯まることでカインズアプリ会員さま一人ひとりの未来の「くらし」をサポートしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手が優勝

損保

三井住友海上、リフォームを通じた自然災害被害の軽減に向けて協業

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

関連商品