新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム損保、ペットにかける年間支出調査を実施

アニコム損保、同社のペット保険契約者へのアンケートをもとに、2023年の1年間にペットにかけた年間支出額を調査した。
■1年間にかける費用、犬は34万円、猫は17万円
犬・猫それぞれについて1年間にかける費用を調べたところ、犬が338,623円(前年比94.8%)、猫が169,281円(前年比105.3%)という結果だった。
●犬は外出機会増で「首輪・リード」「交通費」が増加
犬にかける費用で増加していたのは、「シャンプー・カット・トリミング(前年比102.0%)」「首輪・リード(前年比102.0%)」「交通費(前年比111.3%)」だった。
●猫は健康志向で「フード・おやつ」「サプリメント」が増加
猫にかける費用で増加していたのは、「フード・おやつ(前年比106.6%)」「サプリメント(前年比125.9%)」だった。
■犬の8割、猫の6割が誕生日をお祝い
犬の飼い主の84.0%、猫の飼い主の62.3%がペットの誕生日をお祝いすると回答し、プレゼントなどにかける費用は犬が4,013円、猫が2,309円だった。中には、誕生日祝いに3万円以上をかけるという回答も。ケーキやおやつ、おもちゃをプレゼントするほか、記念写真を撮ったり、旅行に出かけたりといった回答も見られた。
■うさぎと小動物では、光熱費が犬・猫以上に
うさぎと小動物(ハリネズミやハムスターなど)にかける費用は、合計金額を見ると微減となったが、「飼育に伴う追加の光熱費」が犬・猫よりも高い点は、昨年同様だった。うさぎや小動物は温度管理が重要なことから、エアコンを利用するのはもちろんのこと、専用のヒーターやライトなどで適正な温度を保つため、光熱費がかかりる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

東京海上ホールディングス、「TNFDレポート2024」を発行

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について

生保

アクサグループ、「アクサフューチャーリスクレポート2023」日本語版を発行

協会・団体損保

損保協会、「第25回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保

アニコム損保、「N-NOSE(R)わんちゃん」利用後のがん診療について追跡調査を実施

損保

損保協会、自賠責保険に関するお客さまの利便性向上と損保業界の業務効率化に向けた取組み状況を公表

損保

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

損保

アニコム損保、KDDIと「おもいでケータイ再起動」を共同開催

関連商品