新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、監査等委員会設置会社を移行

SOMPOホールディングスおよび同社の子会社である損保ジャパンは、両社の取締役会において、損保ジャパンが監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行することを2月29日に決定した。
1.移行の目的
(1)取締役会の監督機能の強化
取締役会を構成する業務執行取締役の割合を見直し、複数の社外取締役を配置することで、取締役会における経営論議の公正性とモニタリングの実効性を高め、執行部門に対する取締役会の監督機能を強化する。
(2)経営の客観性・透明性の向上
社外取締役が過半を占める監査等委員会が、執行部門から独立した立場で、妥当性・適法性の観点から業務執行を監査し、さらには監査等委員自らが取締役として取締役会の審議に加わることで、経営の客観性・透明性を高める。
2.移行の時期
2024年4月1日予定

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

関連商品