新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

SBI損保は、愛媛銀行と連携し、2月26日(月)から4月26日(金)までの間、愛媛銀行の預金口座保有者を対象に、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険(※1)」の案内を行う。
同商品は、入院費用も、手術費用も、通院費用(※2)も、かかった分を支払う実額補償の団体保険である。公的保険診療だけでなく全額自己負担となる最先端の治療まで手厚く補償するので、万一がんに罹患した際も、患者さまは自身が望む最適な治療を受けることができる。「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」では、愛媛銀行を団体契約者とすることで、愛媛銀行の預金口座を持つ人であれば一般に比べ割安な保険料で加入することが可能となる(※3)。高い関心を持つと思われる人を対象にダイレクトメールで案内をするが、案内を受けていない場合でも、愛媛銀行の預金口座を持っていれば申し込み可能である。
SBIグループでは「地方の主たる経済主体との価値共創を通じ、地方創生に向け積極的に貢献」することを全体戦略とし、グループを挙げてさまざまな取り組みを進めている。SBI損保もSBIグループの一員として、地方創生を具現化する個別戦略に基づき、地域金融機関との業務提携・商品提供を拡大している。このたびの「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」の取り扱い開始により、愛媛銀行との連携を深め、今後もお客さまがより満足できるサービスを提供していく。
※1 正式名称「がん治療費用総合保険」の団体保険である。
※2 通院治療費は契約ごと(5年ごと)に1,000万円までとなる。
※3 18歳から74歳でSBI損保の引受基準を満たす健康状態であるお客さまが対象となる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、新たに静岡東海証券と提携

関連商品