新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

こくみん共済coop〈全労済〉、東京都発行「東京ソーシャルボンド」を取得

こくみん共済coop〈全労済〉は、このほど、東京都が発行する「東京ソーシャルボンド」(以下、本債券)を取得した。
本債券は、東京都が2023年3月に策定した「東京都ソーシャルボンド・フレームワーク」にもとづき発行されている。東京都ソーシャルボンド・フレームワークは、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、国際資本市場協会(ICMA)の「ソーシャルボンド原則2021」および金融庁の「ソーシャルボンドガイドライン2021年版」に適合しているとの評価を取得している。
同会は、資産運用方針の中でESG運用(環境・社会・企業統治に配慮している発行体を重視・選別して行う運用)を実施していくこととしており、本債券の取得を決定した。
理念である「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」の実践の一環として、今後もESG運用を含めた持続可能な社会づくり・セーフティネットづくりに取り組んでいく。
<概要>
名称 第6回東京ソーシャルボンド
発行体 東京都
発行体格付 A+(S&P)
発行総額 300億円
償還期間 5年

関連記事(保険業界ニュース)

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

日本生命、ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンドに200億円投資

損保

あいおいニッセイ同和損保、ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンドへ50億円を投資

損保共済

こくみん共済coop、「マイカー共済」の新TVCMを3月25日から全国で放映開始

損保

東京海上ホールディングス、地震キャットボンド「Kizuna Re III」を発行

生保

日本生命、ニッセイ・インパクト投融資枠を設定

関連商品