新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

アニコム損保は、2月22日の「猫の日」にあわせ、ペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫、約54,000頭を対象とした「猫の名前ランキング2024」と「人気猫種ランキング 2024」を発表する。
■総合ランキング 「ムギ」が5年連続で1位
2024年の総合ランキングは「ムギ」が1位を獲得した。2位の「レオ」に約100頭の差をつけて、5年連続のトップとなっている。「ムギ」は男の子部門、女の子部門ともに2位で、性別に関係なくつけやすい名前ということが総合トップの一因なのかもしれない。
また、昨年4位の「ルナ」が今年は3位に。2020年のランキングではトップ10圏外だったところ、2021年は9位、2022年は7位と、順調に人気を高めている。また、昨年のトップ10圏外からは「ラテ」と「コハク」がランクインした。「コハク」は男の子部門でも昨年の7位から4位に順位を上げている。
■男女別ランキング 男の子は「レオ」が7連覇、女の子は「ルナ」が2連覇
男女別のランキングでは、男の子部門で「レオ」が7連覇となった。「レオ」は男女あわせて359頭のうち、349頭が男の子で、男の子の名前として強い人気を誇っている。
女の子部門では、昨年トップの「ルナ」が今年も1位を獲得し、2連覇を達成。2位に「ムギ」、3位に昨年4位の「ココ」が入った。女の子部門で昨年のトップ10圏外からランクインしたのは、8位の「メル」(昨年11位)だけで、昨年人気の名前が今年も引き続き人気を維持している。
■漢字の名前ランキング 「琥珀」「茶々」がそれぞれトップに
漢字で表記される名前では、男の子部門で昨年2位の「琥珀」が1位となった。昨年は1位に1頭差の2位だったが、今年は2位に26頭差をつける、堂々のトップとなった。女の子部門では昨年8位の「茶々」がトップに。2022年のランキング以来、2年ぶりに1位に返り咲いた。
男の子部門2位の「茶々丸」は、人気漫画『鬼滅の刃』に登場する猫の名前として人気となり、同漫画アニメ化翌年の2020年から2022年まで、男の子部門で3連覇していたが、昨年は3位、今年は2位と、影響が少し落ち着いてきた様子である。
・人気猫種ランキング2024
■「スコティッシュ・フォールド」が16連覇
「スコティッシュ・フォールド(7,811頭)」が16連覇を達成した。愛らしい丸顔や、人になつきやすい性質などから多くの人に愛されている。2位「混血猫(6,154頭)」、3位「マンチカン(5,891頭)」と続き、5位までの順位に変動はなかった。
また、昨年7位の「サイベリアン(3,561頭)」が6位に、9位だった「ノルウェージャン・フォレスト・キャット(3,168頭)」が7位となり、それぞれ順位を上げた。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

関連商品