新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の事故受付が約5万件に

損保協会は、1月15日(月)現在の「令和6年能登半島地震」に係る地震保険の事故受付件数について取りまとめ公表した。
■令和6年能登半島地震(発生日:2024年1月1日)県別内訳
【2024年1月15日(月)現在:日本損害保険協会会員会社・外国損害保険協会会員会社 等 合計】
都道府県 事故受付件数
新潟県 10,479件
富山県 13,953件
石川県 20,543件
福井県  1,381件
その他  3,683件
合 計 50,039件
(注)「事故受付件数」には、建物・家財の事故に関する調査の依頼のほか、地震保険の補償内容・お客様の契約内容に関する相談・問い合わせなども含まれる。
損保協会では、被災者に対し下記のとおり悪質な業者について注意を呼び掛けている。
◇震災後は、「保険金請求を代行する」・「保険金請求をサポートする」・「保険で直せる」などと言って勧誘する業者と保険契約者とのトラブルが増加する。また、保険会社を装った詐欺まがいの勧誘も見られる。例えば、保険会社の者と称し、電話で損害状況を聴取したうえで、「調査費用がかかるが、保険金が確実に支払われる」などといい、実際に訪問して調査費用を要求してくるようなケースがある。保険会社では、お客様に調査費用を請求することはない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

エヌエヌ生命、「令和6年能登半島地震」関連災害補助金集約サイト「災害補助金ナビ」を開設

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

損保

MS&ADホールディングス、令和6年能登半島地震災害への義援金等を寄贈

損保協会・団体

損保協会、女優の山﨑玲奈さんを起用した2024年度防火ポスターを作成

生保

大同生命、「春のウォーキングキャンペーン」を通じ「令和6年能登半島地震」の被災地へ総額2,000万円を寄付

損保協会・団体

損保協会、「第25回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

協会・団体損保

損保協会、「保険契約引受にかかる独占禁止法上の留意点」の新設と啓発活動の強化を実施

関連商品