新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、コーポレート・ガバナンスに関する報告書を公表

MS&ADホールディングスのコーポレート・ガバナンスの状況を公表した。
グループの目指す姿の主な内容は次のとおり。
◎基本的な考え方
(1)同社は、グループの事業を統括する持株会社として、「経営理念(ミッション)」の下、経営資源の効率的な活用と適切なリスク管理を通じ、グループの長期的な安定と持続的成長を実現するため、全てのステークホルダーの立場を踏まえ、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための経営体制を構築し、企業価値の向上に努める。
(2)グループの全役職員が業務のあらゆる局面で重視すべき「MS&ADインシュアランスグループの経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)」を策定し、同社及びグループ会社の全役職員へ浸透させるよう努めるとともに、グループ中期経営計画において、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、リスク管理等を経営の重要課題として位置づけ、計画の推進に積極的に取り組む。
■MS&ADインシュアランス グループの目指す姿
<経営理念(ミッション)>
グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支える
<経営ビジョン>
持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループを創造する
<行動指針(バリュー)>
・お客さま第一「わたしたちは、常にお客さまの安心と満足のために、行動する」
・誠実「わたしたちは、あらゆる場面で、あらゆる人に、誠実、親切、公平・公正に接する」
・チームワーク「わたしたちは、お互いの個性と意見を尊重し、知識とアイデアを共有して、ともに成長する」
・革新「わたしたちは、ステークホルダーの声に耳を傾け、絶えず自分の仕事を見直す」
・プロフェッショナリズム「わたしたちは、自らを磨き続け、常に高い品質のサービスを提供する」
※経営理念とは別に企業の存在意義を表現するものとして「パーパス」を設定する動きもみられるが、同社グループの経営理念(ミッション)は平易でわかりやすく企業の存在意義を示しており、すでにグループ内に浸透しているため、同社グループでは「パーパスは経営理念と同一である」と定めている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、「ネイチャーポジティブ発展社会実現拠点」プロジェクトに参画

損保

MS&ADホールディングス、令和6年能登半島地震災害への義援金等を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、「第9回アジア統合報告書アウォード」で金賞を受賞

損保

MS&ADホールディングス、企業のネイチャーポジティブ転換に向けたソリューションカタログ公開

損保

MS&ADホールディングス、株式分割および株式分割に伴う定款を一部変更

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

MS&ADホールディングス、金融庁による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への行政処分を発表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

MS&ADホールディングス、公正取引委員会による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への立入検査でコメントを発表

関連商品