新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、認知症リスクを補償する「認知症限定特約(軽度認知障害等一時金用)」の販売開始

損保ジャパンは団体保険(新・団体医療保険(※1))の特約として、初めて認知症と診断確定された場合に保険金を支払う『認知症限定特約(軽度認知障害等一時金用)』の販売を10月1日以降保険始期契約から開始した。
また本特約の加入者には、株式会社プライムアシスタンス(以下「プライムアシスタンス」)が運営する「SOMPO笑顔倶楽部」のサービスを提供する。
(※1)新・団体医療保険とは、主にケガ・病気による入院を補償する保険である。
1.商品開発の背景
内閣府によると、認知症高齢者の国内における総数は、2025年には約700万人に達すると推計されており、経済的な負担増に対する不安等、認知症に関する社会課題が増加していくことが想定されている。
 損保ジャパンは、認知症に関する社会課題の解決に向け、認知症の発症および進行を遅らせるために重要な軽度認知障害(MCI)(※2)の早期発見と認知機能低下の予防を支援する補償として、軽度認知障害(MCI)または認知症と診断確定された場合に最大30万円を支払う「軽度認知障害等一時金支払特約」を提供してきた。
認知症と診断された場合には、その後の生活に大きな経済的負担が発生することが考えられることから、損保ジャパンは「軽度認知障害等一時金支払特約」の提供実績を活かし、この経済的負担やそれに伴う精神的不安を軽減し、認知症と診断された後もその人らしく生きていくことを目的として、最大300万円の保険金額設定が可能な「認知症限定特約(軽度認知障害等一時金用)」を開発した。
(※2)軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)とは、本人および第三者(家族)から認知機能低下に関する訴えがあり、認知機能は正常ではないものの認知症の診断には至らない状態をいう。
(出典:医学書院「認知症疾患診療ガイドライン2017」)
2.商品概要
(1)契約方法
企業等を契約者とし、その団体の構成員(従業員等)が任意に加入する団体保険(新・団体医療保険)の特約として加入できる。
(2)補償内容
加入者が初めて認知症と診断確定された場合に契約時に設定した保険金額を一時金として支払う。保険金額は100万円・200万円・300万円から選択可能である。
3.加入者向けサービス認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」について本特約の加入者は、プライムアシスタンスが運営する「SOMPO笑顔倶楽部」を利用できる(一部有償)。軽度認知障害(MCI)の早期発見や認知機能低下の予防に寄与するサービスから、万が一要介護状態になった場合の介護サービスの紹介といった情報をWEB上で提供する。
本サービスを提供することを通じて、加入者本人や家族が抱える認知症に対する不安やお悩みの解消に貢献していく。
4.今後の展開
損保ジャパン、プライムアシスタンスは、今後も介護に関するお客さまの安心・安全・健康に資する商品・サービスを提供していくことで、「認知症に備える、認知症になってもその人らしく生きられる社会」の実現に貢献していく。また、今後も損保ジャパンはブランドスローガン「InnovationforWellbeing」に則した独自色のある商品をお客さまに届けることで社会課題の解決を図り、よりよい社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「デバンカー保険」の販売を開始

損保

損保ジャパン、将来の親の介護に備える保険「『マネーフォワードケア』はやめにそなえる介護+傷害補償」への商品提供を開始

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

関連商品