新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム ホールディングス、犬・猫の平均寿命は更に延伸、高齢犬・猫の診療費も調査

アニコム ホールディングスは、今年もどうぶつの疾患統計などをまとめた『家庭どうぶつ白書 2023』を公開した。
『家庭どうぶつ白書』は、同社が2010年から毎年公開している、世界最大規模のペット統計データ集※である。アニコム損保のペット保険の保険金請求データや、独自のアンケート調査の結果等をまとめたもので、Webサイトからどなたでも無料で閲覧・ダウンロードできる。
■犬・猫ともに平均寿命が更に延伸、過去最長に
犬と猫の平均寿命を調査した結果、犬は14.2歳、猫は14.7歳だった。いずれも過去最長(同社が調査を開始した2008年以降のデータによる)であった昨年の調査から更に延び、特に猫は昨年と比べて+0.3歳と、過去10年のうちで最も延びている。
■平均年間診療費は、1歳から15歳で犬は4.7倍・猫は4.5倍に。高齢どうぶつにも着目
前述のような長寿化をふまえ、今回の『家庭どうぶつ白書2023』では、高齢どうぶつのデータをより充実させている。たとえば犬と猫の平均年間診療費における年齢推移を調査したところ、15歳の平均年間診療費は、最も低い1歳の平均年間診療費に比べ、犬は4.7倍・猫は4.5倍に増加していることが分かった。
診療費に関するデータの他にも、高齢犬・猫に多い疾患や、犬と猫の死因や死亡率などを紹介している。「長寿化」が進む家庭のどうぶつたちとの暮らしを考える上で、ぜひ参考にしてもらえればと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

関連商品