新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットを理由とした休暇の取得状況に関する調査を実施

アイペット損保は、ペットを理由とした休暇の取得状況について調査を実施した。
【調査結果概要】
◆ペットを亡くしたことが理由で仕事を休む人は11.6%と少数
◆休暇取得理由を伝えないのは、「共感してもらえないと思った」が半数以上
◆休暇取得日数は「1~2日」が約73%、気持ちの整理や葬儀など見送りのための時間に
◆ペットの存在の大きさ、約7割が「一緒に過ごしているとき」に実感
ペットを大切な家族と考える同社では、2016年7月より、従業員がペットとの時間を大切にできるよう「ペット休暇制度」を導入している。本制度は、外出や旅行・通院などペットと過ごすための休暇を取得できる「ペット休暇」、一緒に暮らしているペットが亡くなった際、忌引き休暇を取得できる「ペット忌引き」で、毎年100名以上の従業員が利用している。
本調査では、ペットを亡くした経験のある1,000名を対象に、ペットが亡くなった際の休暇取得状況について調査を実施した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、4月1日機構変更

生保

太陽生命、4月1日機構改革

生保

富国生命、4月1日付機構改正

生保

フコクしんらい生命、4月1日付機構改定

生保

プルデンシャル生命、機構改革を実施

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了を発表

生保

T&Dホールディングス、4月1日機構改革

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、監査等委員会設置会社を移行

損保

SOMPOホールディングス、4月1日付組織変更

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

関連商品